宮城聰が歌舞伎演出に初挑戦 尾上菊之助主演『極付印度伝 マハーバーラタ戦記』が上演 - 2017年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
宮城聰

▲ 宮城聰


宮城聰が、歌舞伎の演出に初挑戦。歌舞伎座「芸術祭十月大歌舞伎」にて、古代インドの大叙事詩「マハーバーラタ」を題材にした新作歌舞伎『極付印度伝 マハーバーラタ戦記』が上演される。

宮城は「もし、平安時代の日本に『マハーバーラタ』が伝わっていたら」という着想のもと、絵巻物のように壮麗なビジュアルの祝祭音楽劇『マハーバーラタ〜ナラ王の冒険〜』を2003年に上演。各国で上演を重ね、14年にはフランス「アヴィニョン演劇祭」では公式プログラムとして上演され好評を博した。

今回は、これまで取り上げてきた「ナラ王物語」とはまったく異なるエピソードで構成。新しい『マハーバーラタ』を歌舞伎として送る。

主演を務めるのは尾上菊之助。菊之助は、SPAC-静岡県舞台芸術センターの公演で『マハーバーラタ』に感銘を受け、歌舞伎としての上演の構想を膨らませていたという。

台本は、「マハーバーラタ」全編の中でも“影のあるヒーロー”として人気の高い「カルナ」を中心に、青木豪が菊之助のために書き下ろす。

インフォメーション

日印友好交流年記念
歌舞伎座「芸術祭十月大歌舞伎」昼の部
新作歌舞伎『極付印度伝 マハーバーラタ戦記』三幕

【スタッフ】演出=宮城聰 脚本=青木豪
【キャスト】尾上菊之助 ほか

2017年10月1日(日)〜25日(水)
*昼の部は11:00開演
・会場=歌舞伎座
・一般前売=9月12日(火)開始
・料金=全席指定1等席18,000円/2等席14,000円/3階A席6,000円/3階B席4,000円/1階桟敷席20,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9435