勅使川原三郎がフランス芸術文化勲章を受章 - 2017年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

ダンサー・振付家の勅使川原三郎が、フランス文化省より芸術文化勲章の「オフィシエ」を授与されることとなった。

叙勲伝達式は、24日に東京芸術劇場 プレイハウスで開幕する新作『月に吠える』初日公演の終演後、舞台上にて行われる。

1957年に創設された同章は、日本におけるフランス文化の紹介者、普及の実務者、支援した人物に、フランス共和国文化通信省より与えられるもの。「シュヴァリエ」「オフィシエ」「コマンドゥール」の3段階があり、オフィシエは過去、市川猿翁、岸惠子、草間彌生、坂本龍一、杉本博司などが受章している。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9446