坂東玉三郎、22年ぶりのアルバムリリースで越路吹雪を歌う - 2017年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
坂東玉三郎

▲ 坂東玉三郎


歌舞伎俳優・坂東玉三郎が、芸能生活60年と、敬愛する越路吹雪の三十七回忌を期して、歌手としては22年ぶり2作目となるアルバム「邂逅〜越路吹雪を歌う」を発表。これと併せて発売を記念したコンサートの開催も決まった。

人間国宝に認定されるだけでなく、フランス、レジオン・ドヌール勲章受章など世界的にも高い評価を受ける玉三郎。歌舞伎のみならず、さまざまな芸術分野で才能を発揮してきた。今年の3月29日には、敬愛してやまない越路吹雪の三十七回忌追悼特別公演に出演し、越路の晩年の代表作でもあった、アズナヴール〈妻へ〉の歌唱で、あらためてシンガーとしての一面を披露した。

このたび、その“シンガー”玉三郎の根幹を表現したアルバムを発表する。アルバムはすべて越路吹雪の歌唱で知られる、シャンソンの名曲14曲を中心に構成。いわゆる大ヒット曲だけでなく、“隠れた名曲”ともいえる楽曲を選び、玉三郎の越路への思いが込められた1枚となる。また発売日も、越路の命日である11月7日(火)に合わせた設定となった(11月8日発売、CDショップ入荷日が11月7日)。

また、このリリースを記念して、越路吹雪ゆかりの地でもある銀座・ヤマハホールでの2日間にわたるコンサートも決定した。

■坂東玉三郎
敬愛する越路吹雪さんの素晴しい歌を、将来の人たちにも歌い続けてもらうために、今回、三十七回忌を期に、久しぶりのレコーディングに臨みました。ステージでも皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。

インフォメーション

CDアルバム「邂逅〜越路吹雪を歌う」

2017年11月8日(水)発売
・収録曲=ジュテムレ(フランシス・カブレル)/急流(グロリア・ラッソ)/枯葉(イヴ・モンタン)/アマリア(越路吹雪)/ボラ・ボラ・アイランド(越路吹雪)/ひとりぼっちの愛の泉(越路吹雪)/人の気も知らないで(ダミア)/妻へ(シャルル・アズナヴール)/離婚(ミッシェル・デルペッシュ)/18歳の彼(ダリダ)/群衆(エディット・ピアフ)/アコーディオン弾き(エディット・ピアフ)/最後のワルツ(エディット・ピアフ)/ユーヌ・シャンソン(シャルル・デュモン) *曲順未定
・価格=通常盤3,000円(税抜)/初回限定盤(CD+DVD)5,000円(税抜)


坂東玉三郎「邂逅 〜越路吹雪を歌う」CD発売記念コンサート

2017年11月8日(水)18:30・11月9日(木)14:00
・会場=銀座ヤマハホール
・一般前売=9月16日(土)開始
・料金=全席指定9,500円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9447