篠井英介が“音痴の歌姫”に 『グローリアス!』が開幕 - 2017年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

篠井英介主演の舞台『グローリアス!』が、本日18日にDDD青山クロスシアターにて開幕した。

本作は、1944年のニューヨークで、並外れた音痴でありながらも、どんな時でも音楽を愛し、人びとのために歌い続け、“偉大なる音痴”と称され熱狂的に愛された伝説の歌姫フローレンス・フォスター・ジェンキンズの実話をもとにしたもの。彼女の人生は本作のほか、『スーベニア』など数多く戯曲化されたほか、メリル・ストリープ&ヒュー・グラントの共演で公開された映画「マダム・フローレンス!夢見るふたり」などでも注目を集めている。

演出を手掛けたのは鈴木勝秀。クールな作風の印象的な鈴木だが、本作では、カラフルでハートウォーミングなコメディーを舞台に立ち上げている。

篠井は、とんでもない音感の持ち主ながら、天然でその音痴ぶりに気付くことなく、目を輝かせてソプラノ歌手を夢見るフローレンスの姿を熱演。絶妙に不安定な歌唱パフォーマンスで笑いを誘う一方、きらびやかな衣裳を着こなし、可憐でキュートな篠井ならではの魅力を発揮している。

ピアニストとして彼女のパートーナーとなるコズメを演じるのは水田航生。渋々レッスンを引き受け、当初はフローレンスの歌唱力に戸惑いながらも、次第に彼女の魅力に気付き、カーネギーホールの大舞台までフローレンスを支える姿を好演している。また、彩吹真央は、スペイン語しか話せない無愛想な家政婦のマリア、おっとりとした心優しい友人ドロシー、フローレンスの音痴を厳しく批判するミセス・ヴェリンダ−・ジェッジの3役を演じ分け、ドラマチックな物語を盛り立てる。

公演は9月15日(金)まで。その後は、東京・江東区文化センター、石川・北國新聞 赤羽ホール、富山県民会館ホール、大阪・サンケイホールブリーゼ、神奈川・杜のホールはしもとでのツアー公演が行われる。

なお、現在発売中の本誌「シアターガイド」9月号では篠井のインタビューを掲載している。公演と併せてぜひこちらもチェックしていただきたい。

この記事の写真

  • 『グローリアス!』開幕 1 篠井英介
  • 『グローリアス!』開幕 2 左から、篠井英介、彩吹真央、水田航生
  • 『グローリアス!』開幕 3 篠井英介
  • 『グローリアス!』開幕 4 水田航生(左)と篠井英介
  • 『グローリアス!』開幕 5 彩吹真央(左)と水田航生
  • 『グローリアス!』開幕 6 水田航生(左)と篠井英介
  • 『グローリアス!』開幕 7 左から、水田航生、彩吹真央、篠井英介
  • 『グローリアス!』開幕 8 水田航生
  • 『グローリアス!』開幕 9 水田航生(左)と彩吹真央
  • 『グローリアス!』開幕 10 左から、水田航生、篠井英介、彩吹真央
  • 『グローリアス!』開幕 11 篠井英介
  • 『グローリアス!』開幕 12 篠井英介
  • 『グローリアス!』開幕 13 水田航生(左)と篠井英介
  • 『グローリアス!』開幕 14 左から、水田航生、篠井英介、彩吹真央
  • 『グローリアス!』開幕 15 篠井英介(左)と水田航生
  • 『グローリアス!』開幕 16 水田航生
  • 『グローリアス!』開幕 1 左から、水田航生、篠井英介、彩吹真央
  • 『グローリアス!』開幕 18 篠井英介
  • 『グローリアス!』開幕 19 篠井英介
  • 『グローリアス!』開幕 20 篠井英介

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9451