三島由紀夫作品に挑戦 Studio Life『卒塔婆小町』が上演中 - 2017年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

劇団Studio Lifeが三島由紀夫作品に挑戦。最新公演『卒塔婆小町』が、17日より新宿シアターモリエールにて上演中だ。

三島由紀夫が能の謡曲を近代劇に翻案した『近代能楽集』に収められている本作。1956年の発刊以来、美輪明宏版をはじめ、数多くの演出家や劇団により上演されてきた傑作だ。今回は、同劇団が原作に忠実でありながら、彼ら独自のテイストを加えながら取り組んだ。

Studio Life版では、本編が始まる前の同時上演作品として、若手キャストを中心とした30分間のオリジナル音楽劇『深草少将の恋』を上演。内容は『卒塔婆小町』のもととなった、小野小町に恋をした深草少将の「百夜(ももよ)通い」伝説を題材としている。「百夜通ってくれたなら想いに応えましょう」という小町の申し出に乗った少将の熱心さがどのようなものであったかを、歌唱を交え分かりやすく解説し、観客を本編世界へ導く。

本編『卒塔婆小町』は、自称99歳の醜い乞食の老婆(山本芳樹)が、夜更けの公園で、詩人(関戸博一)に対し、美人の代名詞である“小町”を名乗るところから始まる。老婆が「私を美しいと云った男はみんな死んじまった」と語り出すと、時は80年前の明治時代にタイムスリップ。老婆は気高き20才の生娘に、舞台のガラス板は鹿鳴館の飾り窓に、過ぎし時代の栄華がロマンティックに描かれていく。男と女、美と醜、恋慕と嫌悪、生と死、祝福と呪い−−。さまざまな対比を浮き彫りにしながら、その美ぼうゆえにすべてを不幸にしてしまうことになる女性の悲哀をエネルギッシュに表現する。

上演は9月3日(日)まで。

同じ記事の写真

  • Studio Life『卒塔婆小町』開幕 1
  • Studio Life『卒塔婆小町』開幕 2
  • Studio Life『卒塔婆小町』開幕 3
  • Studio Life『卒塔婆小町』開幕 4
  • Studio Life『卒塔婆小町』開幕 5
  • Studio Life『卒塔婆小町』開幕 6
  • Studio Life『卒塔婆小町』開幕 7
  • Studio Life『卒塔婆小町』開幕 8
  • Studio Life『卒塔婆小町』開幕 9
  • Studio Life『卒塔婆小町』開幕 10
  • Studio Life『卒塔婆小町』ビジュアル

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9457