大爆笑会見が開催! 舞台『スマートモテリーマン講座』公開記者会見 - 2017年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『スマートモテリーマン講座』会見 1 後列左から、じろう(シソンヌ)、水田航生、長谷川忍(シソンヌ)、前列左から、若月佑美、戸塚純貴、安田顕、福田雄一

▲ 後列左から、じろう(シソンヌ)、水田航生、長谷川忍(シソンヌ)、前列左から、若月佑美、戸塚純貴、安田顕、福田雄一

ギャラリーで見る(全10枚)


自称モテるサラリーマンこと“モテリーマン”(安田顕)が、舞台上でモテるサラリーマンになるためのレクチャーを講座形式で伝える痛快コメディー『スマートモテリーマン講座』。2011年以来、3度にわたって上演され、今回は5年ぶりとなる人気シリーズだ。東京・天王洲 銀河劇場含む、全メインキャスト6名の故郷を凱旋し、過去最多の全国12会場にて開講される。

9月4日(月)都内にて、脚本・演出の福田雄一、出演者の安田顕、戸塚純貴、乃木坂46の若月佑美、水田航生、お笑い芸人・シソンヌの長谷川忍、じろうが登壇し、公開記者会見を行った。

約5年ぶりの上演を迎えるにあたって福田は「一言でいうと、笑いをつくるための無敵の布陣を考えてのキャスティングなんですよ。やっぱり5年空けてスベるっていうのは許されない」と話す。そして福田は、「ずっと笑っていられる舞台をつくれる役者をそろえようと思い、このメンバーになった」と続けた。

「5年経って主演を安田さんではなく、違う人にしようとは思わなかったのですか」という問いには「ほかの誰にもできないですからね。元々のモテリーマンというキャラの問題じゃないですし。安田顕って人の持ってるポテンシャルにモテリーマンというキャラが乗っているだけなので。違う人にしようとは考えもしないです」と福田は安田への思いを真剣に答える。それに対して安田は「前のメンバーの人も、ずっとこの世界にいらっしゃる。活躍され続けてるんだよね。そういう中で、また出会えて舞台できるっていうのがうれしいんです。(若月の「今回は真面目を脱してバカになって楽しみたい」というコメントを受けて)真面目かって言ったら真面目です、で良いと思うの。真面目を通り越して徹底的に真面目にバカをやるやつに、敵うやつはいないから。なんかそんな舞台ですね」と自身の熱い思いを語った。

『スマートモテリーマン講座』というタイトルにちなんで「自分が今までで一番モテたエピソードは?」という質問が飛ぶと、安田は「夢か現実か覚えてないけど、小学3年生くらいかな。クラスの女子全員が縄跳びを持って満面の笑みで僕の首を絞めに追いかけてきました」と衝撃的な話を暴露。「あれが現実だとしたらモテていたのかも」と冗談混じりに話した。一方、「小学校に牛乳瓶の蓋でメンコをするのが流行っていたんですけど、僕が風邪で学校を休んだ日に、家のポストにものすごい数のメンコがあったんです。皆が優しさで入れてくれたのかなぁって思いました」とうれしそうに語った戸塚だったが、「それはモテたんじゃない。哀れみ」と福田がツッコミ。「かわいそうな人なんだよ、戸塚は(笑)でもそれが多分好きなんだよ俺」(福田)、「自分がかわいそうだってことに気づいてないってことがまたいいですよね」(安田)と、その後戸塚ならではの魅力について聞かせてくれた。

終止笑いに溢れ、見学のオーディエンスも盛り上がりを見せた会見となった。

登録不要・手数料0円でチケット発売中!

この記事の写真

  • 『スマートモテリーマン講座』会見 1 後列左から、じろう(シソンヌ)、水田航生、長谷川忍(シソンヌ)、前列左から、若月佑美、戸塚純貴、安田顕、福田雄一
  • 『スマートモテリーマン講座』会見 2 安田顕
  • 『スマートモテリーマン講座』会見 3 戸塚純貴
  • 『スマートモテリーマン講座』会見 4 若月佑美
  • 『スマートモテリーマン講座』会見 5 水田航生
  • 『スマートモテリーマン講座』会見 6 福田雄一
  • 『スマートモテリーマン講座』会見 7
  • 『スマートモテリーマン講座』会見 8
  • 『スマートモテリーマン講座』会見 9
  • 『スマートモテリーマン講座』会見 10

インフォメーション

舞台『スマートモテリーマン講座』2017

【スタッフ】原作=steam/武田篤典/Shu-Thang Grafix 脚本・演出=福田雄一
【キャスト】講師=安田顕
戸塚純貴/若月佑美(乃木坂46)/水田航生/シソンヌ(長谷川忍・じろう)/ブラボーカンパニー

■東京・プレビュー公演
2017年11月2日(木)
・会場=かめありリリオホール
・料金=全席指定7,400円

■愛媛公演
2017年11月4日(土)
・会場=西条市総合文化会館 大ホール
・料金=全席指定7,800円

■広島公演
2017年11月8日(水)
・会場=JMSアステールプラザ 大ホール
・料金=全席指定7,800円

■盛岡公演
2017年11月11日(土)
・会場=岩手県民会館 大ホール
・料金=全席指定S席7,500円/A席6,000円/B席3,500円

■北海道公演
2017年11月18日(土)・19日(日)
・会場=道新ホール
・料金=全席指定7,800円

■宮城公演
2017年11月23日(木・祝)
・会場=仙台電力ホール
・料金=全席指定7,800円

■福岡公演
2017年11月26日(日)
・会場=福岡国際会議場
・料金=全席指定7,800円

■大阪公演
2017年11月30日(木)〜12月3日(日)
・会場=梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
・料金=全席指定7,800円

■愛知公演
2017年12月6日(水)
・会場=ウインクあいち
・料金=全席指定7,800円

■静岡公演
2017年12月12日(火)
・会場=静岡市清水文化会館マリナート
・料金=全席指定S席7,800円/A席6,000円

■東京公演
2017年12月15日(金)〜30日(土)
・会場=天王洲 銀河劇場
・料金=全席指定7,800円

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9498