龍真咲が世界遺産・金峯山寺でコンサート開催 - 2017年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
龍真咲 金峯山寺コンサート 1

▲ 龍真咲

画像を拡大

元宝塚歌劇団月組トップスターの龍真咲が、世界遺産である奈良県の金峯山寺(きんぶせんじ)で初のコンサートを開催した。

会場となった金峯山寺は、古くから聖域・金峯山の中心的存在とされ、ユネスコの世界文化遺産に登録された場所。龍は「地元でもある関西で、このような形で凱旋公演を飾れることは、誇りに感じつつも、事の大きさにあらためて身の引き締まる想いです。自分の中にある何かを解き放ち、この場に捧げることができたら良いなと思っています」と語っていた。

この日は、台風18号の影響から雨模様となったが、蔵王堂前の特設ステージでバンド演奏による〈T.A.T.E 2017〉が始まり、きらびやかな着物姿の龍が登場すると、駆け付けた約1300人のファンから大歓声と拍手が沸き起った。続いて2曲目〈コパカバーナ〉ではイントロとともに、ステージ上で華麗な黒のドレスに早変わり。七色にライトアップされた空間で、艶やかなステージを展開した。

ファンに向けて「皆さん、元気ですかー? こんなに晴れて(笑)、すっごいテンション上がってます! 龍真咲世界遺産コンサートにようこそお越しくださいました。皆さんと最高の時間を過ごしたいと思います!!」とジョークを交えながらも勢いを増していく龍。この日は、世界各地をテーマにした楽曲のほか、アニメやミュージカル・メドレーなどを歌う一方で、客席との対話を織り交ぜながらステージを盛り上げていく。後半では、彼女の新たなスタートとなった、8月リリースのアルバム「L.O.T.C 2017」から全曲を披露。アンコールのオリジナル曲〈Get by me〉まで述べ23曲を熱唱した。

関西ではアルバム発売後、初のワンマンコンサートとなった今回。龍は最後に「今日は皆さんとご一緒できて、本当にうれしく思います! またどこかの世界遺産でお会いしましょう! 愛してまーす!!」と熱いメッセージを送り、熱狂的ファンの大歓声に包まれ、この日の特別な舞台を締めくくった。

この記事の写真

  • 龍真咲 金峯山寺コンサート 1
  • 龍真咲 金峯山寺コンサート 2
  • 龍真咲 金峯山寺コンサート 3

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9509