ヤスミナ・レザ最新作が鈴木京香&北村有起哉らの出演で日本初演 - 2017年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『大人のけんかが終わるまで』左から、鈴木京香、北村有起哉、板谷由夏、藤井隆、麻実れい

▲ 左から、鈴木京香、北村有起哉、板谷由夏、藤井隆、麻実れい

ギャラリーで見る(全5枚)


『大人のけんかが終わるまで』ビジュアル

画像を拡大

ヤスミナ・レザの最新作『大人のけんかが終わるまで』が、岩松了の上演台本と、文学座・上村聡史の演出で日本初演される。

大竹しのぶ、段田安則、秋山菜津子、高橋克実の出演で2011年に上演され、ロマン・ポランスキー監督により映画化もされた『大人は、かく戦えり』(映画邦題「おとなのけんか」)、市村正親、平田満、益岡徹共演の『ART』(1999年・2015年)など、シニカルで悲劇的なコメディーで日本でも好評を博すヤスミナ・レザ。今回は、破局寸前の不倫カップルと、偶然、彼らと一晩居合わせることになった友人カップルとその母親という、男女5名のコミカルな会話劇からなる、少し苦味のある大人のコメディーだ。

2015年5月にドイツで初演され、現在も再演が続けられている本作がこのたび日本初上陸。不倫カップルのアンドレア&ボリスを演じる鈴木京香&北村有起哉、ボリスの妻の友人フランソワーズと彼女の内縁の夫エリックを演じる板谷由夏&藤井隆、そして、認知症気味のエリックの母を演じる麻実れいと、実力派たちが顔をそろえる。

■鈴木京香
ドイツで本作を観劇しましたが、大人がじっくりと楽しむというヨーロッパで、この作品の受け入れられ方を素晴らしいと思いました。大人の大人のためのこだわりが随所に感じられるところが魅力の作品だと思います。演出の上村聡史さんと、今回初めてご一緒しますが、セリフ一行の意味を深く掘り下げる粘り強さを持った丁寧に演出なさる方、本当に楽しみです。自由を謳歌しているように見えて、実は人生と格闘している現代の大人たちを描いており、しゃれていてユニークだけれど切なさを伝える作品になるよう、しっかりと励みます。

■北村有起哉
作者:ヤスミナ・レザ、上演台本:岩松了、演出:上村聡史、そして共演者の4人の方々。すべてが僕の脳内でパチリとハマりました。ハマりすぎて怖いくらいですが。とにかくいまから楽しみなだけに、暴走しないようにしっかり手綱を握っていきたいと思います。

■板谷由夏
役者として新たなステージへいくためにも挑戦すべきではないかと感じて、この作品への出演を決めました。共演者の方々は皆さん素晴らしいパワーを持った方ばかりなので、皆さんとのお芝居を生で体験できることが楽しみです。自分にとって本当に貴重な経験になると思います。観てくださる方々の心に響く舞台をお届けできるよう、ただただがむしゃらに進みたいと思います。

■藤井隆
今回、お声をかけていただきとてもうれしく思っております。とても緊張しますが、頑張ります。共演者に鈴木京香さん、北村有起哉さん、板谷由夏さん、そして麻実れいさんがいらっしゃって、クラクラしてますが、私にできることは限られておりますので、稽古期間中、皆さんに振るい落とされないように必死に食らいついていけたらと思います。本番をお客様に楽しんでいただけるよう上村聡史さんに教えていただいて、稽古を存分に楽しませていただこうと思います。シアタークリエの舞台に立たせていただけるのが初めてでそちらも楽しみの一つです。

■麻実れい
『炎 アンサンディ』出演の後、再び上村さんの演出を受けたかったので、この作品への出演を決めました。共演者には力強いすてきな役者さんがそろっていますので、足を引っ張らないように頑張りたいです。上村さんのつくられる空気感の中、皆さんと御一諸にイヴォンヌとして生きていかれたらと願っています。

■上村聡史(演出)
本作をドイツに観劇に行きましたが、ウィットに富んだ会話、その会話からタガが外れていく感情のバリエーション、そして、どうしようもない恋模様・親子模様、人物のおかしさや愚かさが小気味いい会話で展開されるところが、大きな魅力といえます。
今回、とても魅力的で芸達者な皆さんに集まっていただきました。鈴木さんの持つ気品が、愛することの切実さと不満が大胆に繊細に揺れ動くさまを、北村さんの持つ豪快さが、男の見栄と愚かしさで機能不全になるさまを、板谷さんの持つ知性が、倫理観と自信の理想との間で崩れゆくさまを、藤井さんの活力が、母親とパートナーの間で理性がはじけ飛んでいくさまを、麻実さんのチャーミングさと大らかさが40代のカップルたちを導いていく、「この人、もしかしたら全能の女神なのでは」とついつい思えてしまうようなさまを、物語の醍醐味にしていきたいと思います。
この作品を上演することは、確実に“大人のための辛口なコメディー”という体裁になることは間違いありませんが、その中から、誰も向き合わなくてはならない孤独をどういう術をもって、生き抜いていくか、そんなすてきな発見を見出せるような作品になればと思います。

インフォメーション

『大人のけんかが終わるまで』

【スタッフ】作=ヤスミナ・レザ(原題:Bella Figura) 上演台本=岩松了 演出=上村聡史
【キャスト】鈴木京香/北村有起哉/板谷由夏/藤井隆/麻実れい

2018年7月14日(土)〜29日(日)
・会場=シアタークリエ
・一般前売=5月開始予定

2018年6月30日(土)・7月1日(日)THEATRE1010ほか、ツアー公演を予定

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9568