人気漫画「モブサイコ100」が舞台化 主演はアニメ版声優の伊藤節生 - 2017年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

この公演は新着記事があります


『モブサイコ100』ビジュアル

画像を拡大

ONEの人気漫画「モブサイコ100」が、2018年1月に舞台化。主人公・影山茂夫には、TVアニメ版で同役の声優を務めた伊藤節生が抜てきされた。

原作は、「ワンパンマン」原作でも知られるONEが、小学館のマンガアプリ「マンガワン」で連載中の同名漫画。口ベタ、内気で、勉強やスポーツも苦手な、さえない存在だが、強大な超能力を持つ中学2年生・影山茂夫(通称:モブ)が主人公で、普段は押さえ込んでいる感情が“100%”を超えると、彼の隠された力が暴走してしまうというストーリーだ。普通の青春を願うモブと、ニセ霊能力者や不良番長、謎の秘密組織など、彼の能力に目をつけ現れる、おかしな人びとの姿を描く。

昨年のTVアニメ化でも好評を博し、2018年1月からは濱田龍臣主演の実写ドラマ化でも注目を集める本作の舞台版が登場。脚本・演出は、川尻恵太(SUGARBOY)が手掛け、主演はTVアニメ版でモブ役を演じた伊藤節生が担う。

インフォメーション

舞台『モブサイコ100』

【スタッフ】原作=ONE「モブサイコ100」(小学館「マンガワン」連載中) 脚本・演出=川尻恵太(SUGARBOY) 舞台音楽=あらいふとし+ミヤジマジュン
【キャスト】伊藤節生 ほか

2018年1月6日(土)〜1月14日(日)
・会場=天王洲 銀河劇場
・一般前売=12月9日(土)開始
・料金=全席指定 プレミアムチケット10,800円(パンフレット+非売品グッズ付)/一般席7,800円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9570