横内謙介作『夜曲』が川村陽介主演×西田大輔演出で音楽劇に - 2017年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『夜曲』ティザー

画像を拡大

『夜曲』左から、川村陽介、井上小百合、藤田玲、蒼乃夕妃、山下容莉枝

▲ 左から、川村陽介、井上小百合、藤田玲、蒼乃夕妃、山下容莉枝

画像を拡大

横内謙介の戯曲『夜曲 放火魔ツトムの優しい夜』が、川村陽介の主演と西田大輔の演出により音楽劇として東京芸術劇場 プレイハウスにて上演される。

放火魔の新聞勧誘員・ツトムは、放火した晩に必ず現れる不思議な少女サヨと出会う。ツトムが廃屋の幼稚園を放火したことをなぜか喜ぶサヨ。すると、放火をきっかけに700年前の人間たちが現代に次々とよみがえってくる。怨霊によって呪いをかけられた人間、身分違いの恋、武士や貴族の主従関係、有象無象の人間関係に振り回されるツトムは、やがて自分がすべきことは何かを考え始めて……。

1986年に扉座で初演され、稲垣吾郎(96年)、高橋一生(2003年)の主演で上演が重ねられてきた本作。小劇場で生まれた作品だが、今回の東京劇術劇場 プレイハウスという大劇場での上演にあたり作品を再構成。横内曰く「扉座劇団史がぎゅっと詰まった作品」が、西田の演出によりどうよみがえるのか注目しよう。

共演には、謎の少女サヨ役を担う井上小百合(乃木坂46)のほか、蒼乃夕妃、藤田玲、山下容莉枝と多彩なメンバーが集結する。

■川村陽介
『夜曲』の登場人物は、皆それぞれがドロドロとした内面を持っています。現代と過去が時空を超えて、その感情が入り混じって進んで行くストーリーに引き込まれます。この不思議な世界を、自分が演じるツトムを通して、皆様に感じてお楽しみいただきたいと思います。劇場でお待ちしております。

■井上小百合(乃木坂46)
素晴らしいキャストの皆さんと共に、この舞台に携われることをとてもうれしく思います。ヒロイン、サヨを演じるに当たり、まず、とても繊細で複雑な味わいのある役だなという印象を受けました。人間の内面的な部分など、感情表現が非常に難しいとは思いますが、同時に歌や殺陣の魅力が加わることで、どんな作品になるのか楽しみでもあります。また、舞台初日が自分の誕生日ということもあり、サヨちゃんというすてきな誕生日プレゼントを貰ったような運命も感じています。この作品を通してまたひとつ成長できるよう、尽力させていただきます。よろしくお願いします。

■蒼乃夕妃
今回、『夜曲』に参加できて光栄です。もともとストレートプレイだったものを音楽劇にするということで、とてもダイナミックなものになるのではないかと、楽しみにしています。千代と偽千代という、外見は同じでも中身が違う二役と言うのは初めてなのでチャレンジという気持ちで挑みたいと思っています。皆様ぜひ観にいらしてくささい。

■山下容莉枝
ワー! 面白い台本! そして懐かしい感覚。私の心もほうき星に乗ってハタチに戻ったような……、そしたら緊張してきた。稽古場に行くのがとても楽しみです。

インフォメーション

音楽劇『夜曲 nocturn』

【スタッフ】原作=『夜曲 放火魔ツトムの優しい夜』(横内謙介:扉座) 脚色=岡本貴也 演出=西田大輔 音楽=YOSHIZUMI
【キャスト】川村陽介/井上小百合(乃木坂46)/蒼乃夕妃/藤田玲/山下容莉枝 ほか

2017年12月14日(木)〜18日(月)
・会場=東京芸術劇場 プレイハウス
・一般前売=11月15日(水)開始
・料金=全席指定 前売10,500円/当日11,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9580