三原順の人気作を舞台化 Studio Life『はみだしっ子』が上演中 - 2017年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
Studio Life『はみだしっ子』開幕 1

▲ TRK(トランク)チームより

ギャラリーで見る(全24枚)


劇団「Studio Life」が、三原順の人気作を舞台化。最新公演『はみだしっ子』が、20日より東京芸術劇場シアターウエストにて上演中だ。

原作は、1975年から1981年まで「花とゆめ」に連載された同名漫画。親に見捨てられて、この世の“はみだしっ子”となった4人の少年グレアム、アンジー、サーニン、マックスが、身を寄せ合い、旅をする中で愛を探し求める姿を描く。

同劇団が、三原作品を取り上げるのは2001年の『Sons』に次いで2作品目。脚本・演出の倉田淳が「はみだしっ子」の舞台化を、『Sons』上演時から熱望し、今回の上演が実現した。ステージ上にあるのは、街灯がただ一つ。今回の公演ビジュアルに使われている、三原自身が描いた街灯を忠実に再現。乘峯雅寛が手掛けた、舞台美術は、階段状のシンプルでモノトーンなものに仕上げられた。

今回のストーリーは、原作漫画の最初の部分にあたる「動物園のオリの中」「だから旗ふるの」「階段のむこうには…」を中心に据え、なぜ少年たちが身を寄せ合うことになるのか、その彼らの過去にスポットを当てる。グレアムは父親から高圧的に扱われ、アンジーは母親に育児放棄され、サーニンは母を亡くし父親により監禁され、マックスは父親に殺されかける……。少年たちの過去を通して、それぞれの心の孤独を浮かび上がらせつつ、4人が時にぶつかり、時にはつながり合いながら、思いを重ねていく様子がつむがれていく。

上演は、TRK(トランク)チーム、TBC(タバコ)チーム、BUS(帽子)チームの3チーム交互上演。公演は11月5日(日)まで。

同じ記事の写真

  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 1
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 2
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 3
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 4
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 5
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 6
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 7
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 8
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 9
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 10
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 11
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 12
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 13
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 14
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 15
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 16
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 17
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 18
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 19
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 20
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 21
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 22
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 23
  • Studio Life『はみだしっ子』開幕 24

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9588