NHK「SWITCHインタビュー 達人達」で古田新太が「うんこ漢字ドリル」作者・古屋雄作と対談 - 2017年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
NHK「SWITCHインタビュー」古田新太(左)と古屋雄作

▲ 古田新太(左)と古屋雄作

ギャラリーで見る(全3枚)


NHK-Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達」で、子供に大人気の「うんこ漢字ドリル」を手掛けた古屋雄作と、古田新太が対談する。

前半は、古田がかつて担当していたラジオ番組「オールナイトニッポン」を振り返る。番組の大ファンだったという古屋が、そのことを緊張気味に伝えると、古田は「ダメですねえ」とニッコリ。当時中学生だった古屋の採用されたネタを聞きながら、番組について語り合う二人。古田は、若いころからの友人でもある橋本さとしの爆笑エピソードにも触れながら、身近なところにある面白さを発見する秘訣を明かす。さらに「大きなウソは社会を豊かにする」という持論を有する古田が、「ナイスうそ!」と絶賛されたという、そのウソの中身とは? 過激な発言がオンパレードの番組の中にあったのは“嫌われることを恐れない”という精神。やりたいことを貫き通すことが、かえって多くの人の共感を呼ぶことについて古田が語る。

「うんこ漢字ドリル」ヒットの秘密を探る後半は、古屋がヒットするまでのいきさつを明かす。古田はヒットの理由を「古屋君はコトバの乾かし方が上手」と分析するのだが、その意味とは? 将来の夢を「ハリウッド進出!」と宣言する古屋に対し、「思いはコトバにしないとダメ、コトバにすると案外かなうことがある」と古田は温かいエールを送る。そんな、面白いことにこだわる二人の大人の生き方に迫る。

放送は、11月18日(土)22:00〜23:00。

この記事の写真

  • NHK「SWITCHインタビュー」古田新太(左)と古屋雄作
  • NHK「SWITCHインタビュー」古屋雄作(左)と古田新太
  • NHK「SWITCHインタビュー」古屋雄作

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9628