イッセー尾形がオペラ初出演 東京二期会『こうもり』間もなく開幕 - 2017年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

イッセー尾形がオペラに初挑戦。東京二期会オペラ劇場『こうもり』が、明日22日(水)に日生劇場にて開幕する。

ヨーロッパでは年末の風物詩として定着している『こうもり』。このプロダクションは、2012年ベルリン・コーミッシェ・オーパーで制作された提携公演で、今回、演出家アンドレアス・ホモキ自身も来日し、連日、稽古場で新たな東京バージョンを制作してきた。

イッセー尾形が演じるのは看守フロッシュ。このプロダクションでは、唯一“歌わない”役となり、演技のみの出演となる。しかし、『こうもり』の本場ウィーンでも名優が演じるなど、物語にはなくてはならない役どころ。演出のホモキ曰く「彼の卓越した笑いの演技が、共演するオペラ歌手たちにも刺激を与えて、とてもよい相乗効果をもたらしている」と語っている。

同じ記事の写真

  • 東京二期会『こうもり』稽古 1
  • 東京二期会『こうもり』稽古 2
  • 東京二期会『こうもり』稽古 3

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9642