15分間&編集NGの“演劇動画”競う「第6回クォータースターコンテスト」 子供鉅人・山西竜矢がグランプリを獲得 - 2017年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
「第6回QSC」後列左から、BITE賞・西井裕美(24EP)、イーオシバイ賞・Takashi Yamamoto、観劇三昧賞/Next賞・ハセガワアユム(MU)、げきぴあ賞・山本タカ(くちびるの会)、前列左から、グランプリ・山西竜矢(劇団子供鉅人)、優秀作品賞・前田斜め

▲ 後列左から、BITE賞・西井裕美(24EP)、イーオシバイ賞・Takashi Yamamoto、観劇三昧賞/Next賞・ハセガワアユム(MU)、げきぴあ賞・山本タカ(くちびるの会)、前列左から、グランプリ・山西竜矢(劇団子供鉅人)、優秀作品賞・前田斜め

ギャラリーで見る(全3枚)


演劇動画ニュースサイト「エントレ」が主催する、動画コンテスト「第6回クォータースターコンテスト(QSC)」の受賞作が決定。グランプリは、山西竜矢(劇団子供鉅人)の「さよならみどり」が受賞した。

「ワンカットで編集NG」「12分以上15分以下」の基本ルールのもとでつくられた演劇動画で競い合う同コンテスト。今回の審査員は、鴻上尚史、行定勲、福原充則、桑原裕子の4名が務めた。グランプリを獲得した「さよならみどり」について福原は「ダントツで1位だと僕は思いました」と絶賛し、桑原は「画面に登場するみどりちゃんが、謝りたくなるくらいかわいい」と、みどりを演じた葉丸あすか(柿喰う客)を高く評価した。

なお、準グランプリに当たる優秀作品賞は、中野劇団の「隣人が」、前田斜めの「僕は風になって君の家に入り込むから窓は開けておいてくれ。もし開いていなかったら上空で待機して君が家から出てきた瞬間に吹くよ。」が受賞した。

優秀作品賞を受賞した「隣人が」について行定は「役者たちのキャラクターが絶妙」と評価。鴻上も「この劇団は女優さんが達者」と俳優の良さに注目する声が目立っていた。同じく優秀作品賞を受賞した「僕は風になって〜」について福原は「映っている人物が魅力的でエネルギーがある」と語り、桑原は「どんどん惹き付けられて、強烈なインパクトを残した」と述べた。

この記事の写真

  • 「第6回QSC」後列左から、BITE賞・西井裕美(24EP)、イーオシバイ賞・Takashi Yamamoto、観劇三昧賞/Next賞・ハセガワアユム(MU)、げきぴあ賞・山本タカ(くちびるの会)、前列左から、グランプリ・山西竜矢(劇団子供鉅人)、優秀作品賞・前田斜め
  • 「第6回QSC」グランプリ・山西竜矢(劇団子供鉅人)
  • 「第6回QSC」優秀作品賞・前田斜め

インフォメーション

■グランプリ
山西竜矢(劇団子供鉅人)「さよならみどり」

■優秀作品賞
中野劇団「隣人が」
前田斜め「僕は風になって君の家に入り込むから窓は開けておいてくれ。もし開いていなかったら上空で待機して君が家から出てきた瞬間に吹くよ。」

■げきぴあ賞
くちびるの会「ポスト、夢みる」

■彩高堂賞
山西竜矢(劇団子供鉅人)「さよならみどり」

■観劇三昧賞
ハセガワアユム(MU)「YoutuberのSaeComが渋谷のハロウィンではしゃいでると親戚のおじさんと未知との遭遇」

■BITE賞
24EP「泳ぐ女」

■Next賞
ハセガワアユム(MU)「YoutuberのSaeComが渋谷のハロウィンではしゃいでると親戚のおじさんと未知との遭遇」

■イーオシバイ賞
Takashi Yamamoto「世襲ヒーロー『タナトスマン』」

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9686