白洲迅、加藤諒、永田崇人らキューブ若手俳優サポーターズクラブが発足 - 2017年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
「CIA」イベント

芸能プロダクション「キューブ」所属の若手俳優の合同サポーターズクラブ「Cube Infinity Artists」略して「C.I.A.」が発足。そのキックオフを記念したお披露目トークイベントが、渋谷・CBGKシブゲキ‼にて行われた。

イベントには、加藤諒、白洲迅、木戸邑弥、冨森ジャスティン、金井成大、坂口涼太郎、永田崇人、井阪郁巳が、スタイリッシュなブラックスーツ姿で登壇。駆け付けたファンから大きな歓声が上がった。「C.I.A.」の名称には、「キューブの無限大の可能性を秘めたアーティスト」という意味が込められているとのこと。それぞれ俳優として個人活動をすると同時に、C.I.A.メンバーとしても、イベントやライブなどファンとともに楽しめる活動してゆくという。

クラブについての説明を終えると、メンバーたちのゲームコーナーへと進行。ジェスチャーゲームでは「公園であまり好きではない子から、好きと告白をされた時のなんとなくの“好き”」という複雑なお題が飛び出した。しかし、坂口はパントマイムを交えて表現豊かにジェスチャーし、木戸はすぐ正解してみせると、歓声と拍手が起こる。また、「バイト先で仲間からバレンタインチョコを渡される」というジェスチャー演じた永田と、正解した白洲など、それぞれのチームワークも垣間見せた。

ゲームが終わり、舞台上にはこれからの活動が期待されるまだキャリアの浅いメンバーたち、花塚廉太郎、中谷優心、市川理矩、村上貴亮、神田聖司、渋谷樹生、渋谷龍生、林勇輝、安田啓人、菊池銀河も合流。総勢18名が並ぶ、ファンも撮影OKのフォトセッションが行われ、会場中で一斉にシャッターが切られた。

最後にメンバーを代表して、白洲が「キューブの若手俳優をより知っていただける場ができて本当にうれしく思いますし、こんなに応援してくださる方が、たくさんいることがとてもうれしいです。これからも僕ら一人一人が皆さんのお目にかかれるように、力を尽くして、刺激し合いながら、チームとして協力をして頑張っていけたらと思います。これからもC.I.A.を見守っていただけたらうれしいです。本日はご来場ありがとうございました」と挨拶し、ファンへの感謝と、これからのC.I.Aの活動への意欲をみせた。

その後も、観客一人一人とメンバー全員のハイタッチ会、お土産の贈呈と、終演後までファンを楽しませた。

なお、今後のC.I.A.メンバーのイベントとしては、12月26日(火)に川原一馬、冨森ジャスティン、金井成大がトークイベント「□シカク イベント#1〜冬。やってきました〜」を開催。来年3月24日(土)・25日(日)には井阪郁巳と阿久津仁愛によるイベントが渋谷で開催される。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9703