西尾維新原作「十二大戦」が北村諒らの出演で舞台化 - 2017年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『十二大戦』ティザー

▲ 北村諒

画像を拡大

西尾維新×中村光による小説「十二大戦」が舞台化される。

原作は、西尾維新が、イラストレーション担当・中村光との初タッグで、2015年に刊行した同名小説。干支の名を宿す12人の戦士たちが、“一つだけかなえられる願い”を手に入れるために、命を懸けたバトルロイヤルを繰り広げるというストーリーだ。今年10〜12月にはTVアニメが放送されたほか、新編小説やコミカライズ版などの展開でも注目を集めている。

出演が決まったキャストのコメントは以下の通り。

■北村諒 寝住(ねずみ)役
「十二大戦」舞台化おめでとうございます! 西尾維新先生が原作小説を書かれている作品の舞台化に出演できること、寝住を演じさせていただけること、とてもうれしく思います! 常に眠いのは僕も同じです(笑)。

■滝川広大 失井(うしい)役
自分が演じる、失井は通称“皆殺しの天才”。この響きにとてつもない衝撃を受けました。かけ離れてる生きざまに触れられる機会が楽しみでなりません。TVアニメのバトル描写を観ているだけでも、魔法にかかったかのように自分が引き込まれていくのが分かりました。その戦いを自分さえも震え上がり、ぶつかり合う姿を皆様に届けることを誓います。そして純粋に強い失井に全てを捧げる。宜しくお願いします。

■今村美歩 妬良(とら)役
正しいことをしたいという正義への意志、悲しく重い過去など、妬良という人間の生きざまはとても深く、本当にすてきで魅力的な人物だと思います。一人しか生き残れない闘いの中で見られる、それぞれの魂の覚悟が見え、私自身、生半可な気持ちでは演じれないと思っております。私にしかできない妬良の生きざまを表現できるよう、しっかり勉強していきますので、楽しみにしていてくださいませ。

■才川コージ 憂城(うさぎ)役
TVアニメ「十二大戦」は戦闘シーンが魅力的でとてもカッコいいですし、憂城はキャラクターの中で1番好きだったのでとてもうれしいです! 彼の服装はとても露出が高いので、まずはそこに近づけるように身体づくりから頑張ります! 異常に狂い、異常に殺す。ステージ上で表現していきたいです。皆さん!よろしくお願いします!

■橋本祥平 断罪(たつみ)兄弟・兄役
自分が演じる断罪兄弟の兄は双子の弟と共に戦う戦士であり、水冷放射器を武器としております。“遊ぶ金欲しさに殺す”という名乗りの通り、善悪というより、楽しいかそうでないかで行動している今回の役所に非常に演じ甲斐がありそうだなとワクワクしております。作品も選ばれた十二人の戦士が命を懸けて戦うバトルロイヤルとなっていて舞台ではたくさんアクションシーンがあると思われるのでぜひ楽しみにして欲しいです!

■長谷川慎也 断罪(たつみ)兄弟・弟役
大好きな西尾維新先生が原作小説を書かれている作品の舞台化に出演できること、本当にうれしいです。原作冒頭からあんなことになる弟ですが、舞台でどう演出され、どう生きるか、僕自身とても楽しみです。精いっぱい演じさせていただきます。

■横山真史 迂々真(ううま)役
TVアニメ「十二大戦」を見ていて、「この役俺っぽいな!」と勝手に思っていて、決まった時はビックリしました! しかも名前まで“真”が同じで、またまた勝手に親近感を覚えていました(笑)。圧倒的過ぎる存在感、舞台上で遺憾なく発揮したいと思います!

■原勇弥 必爺(ひつじい)役
皆さん初めまして。「十二大戦」の見どころは激しい戦闘シーンだと思っています。必爺の知略と疾走感を戦闘で表現できるように、お爺ちゃん頑張ります。皆さま楽しみにしていてください!

■竹内夢 砂粒(しゃりゅう)役
TVアニメ「十二大戦」が大好きでずっと見ていた作品が舞台化すること、砂粒といういつでも迷わずまっすぐな役を演じられること、なんて私は幸せ者なんだろうと何度も思いました。繊細に描かれたキャラクターの心情、そこから繰り広げられるアクションはこの作品の見どころだと思います。原作ファンの皆さんの期待を裏切らないよう、砂粒のかっこいいアクションができるように全身全霊で頑張ります!

■梅村結衣 庭取(にわとり)役
TVアニメ「十二大戦」を見ていて「演じるなら庭取がいい!」と思っていたので決まった時はうれしかったです。私が演じる庭取は雰囲気とは違って頭が良く、自分のために何でもするような子なんですが、どこか優しい一面があり、こんなすてきな役をいただいてありがたいです。舞台ではアクションやキャラクターなど、一人一人に個性があって見どころばかりだと思います! 庭取の心情をうまく伝えられるよう頑張ります!

■伊阪達也 怒突(どつく)役
西尾維新先生の作品は「めだかボックス」のころから好きでした。「十二大戦」はTVアニメで見ていたので、お話をいただいた時はうれしかったと同時に「何役だろ!?」って気になったのを覚えています。戌だと聞いた時は本当にうれしかったです。僕は元来、大型犬気質なのです。戌年ですし、皆さんぜひ戌を応援してください! 噛み付いていきます!

■護あさな 異能肉(いのうのしし)役
異能肉役をいただいて「十二支の仲間入りか!」とうれしく思いました。私は午年なんですが、人からはよく亥みたいな女だと言われます。役に生かせたらと思います! TVアニメ「十二大戦」の冒頭、異能肉の登場シーンがとても衝撃的でした。舞台ではどのよう描かれるのか今からとても楽しみにしています。また、舞台ではアクションがどう演出されるのかご期待ください!

■和泉宗兵 ドゥデキャプル役
西尾維新先生が原作小説を書かれているこの作品、漫画・アニメと広がってきた世界観を演劇の舞台空間でどこまで想像力を広げ『十二大戦』のバトルロイヤルの世界へ皆さんを誘えるか。審判員として勤しみます。エブリバディ・クラップ・ユア・ハンズ!

インフォメーション

舞台『十二大戦』

【スタッフ】原作=西尾維新「十二大戦」(集英社発行) 脚本・演出=伊勢直弘
【キャスト】北村諒(寝住)/滝川広大(失井)/今村美歩(妬良)/才川コージ(憂城)/橋本祥平(断罪兄弟・兄)/長谷川慎也(断罪兄弟・弟)/横山真史(迂々真)/原勇弥(必爺)/竹内夢(砂粒)/梅村結衣(庭取)/伊阪達也(怒突)/護あさな(異能肉)/和泉宗兵(ドゥデキャプル)

■神戸公演
2018年5月4日(金・祝)・5月5日(土・祝)
・会場=新神戸オリエンタル劇場

■東京公演
2018年5月9日(水)〜5月13日(日)
・会場=THEATRE1010

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9723