第72回文化庁芸術祭賞が発表 演劇部門はこまつ座、松本幸四郎が大賞 新人賞に瀬戸康史、横山拓也 - 2017年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

文化庁は、27日、「第72回文化庁芸術祭賞」を発表。演劇部門大賞は、こまつ座と松本幸四郎が受賞した。また、同部門の優秀賞には武田太加志記念能楽振興財団と善竹隆司、新人賞には瀬戸康史と横山拓也がそれぞれ選ばれた。

インフォメーション

【第72回文化庁芸術祭賞 演劇部門】

■大賞
こまつ座(『きらめく星座』の成果)
九代目 松本幸四郎(『AMADEUS』における演技)

■優秀賞
公益財団法人 武田太加志記念能楽振興財団(『関寺小町』の成果)
善竹隆司(第23回 照の会『土蜘蛛 替間』における成果)

■新人賞
瀬戸康史(『関数ドミノ』における演技)
横山拓也(『ハイツブリが飛ぶのを』の脚本)

*各賞上段は関東参加の部、下段は関西参加の部

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9733