松坂桃李主演×三浦大輔監督 映画「娼年」特報映像が公開 - 2018年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

松坂桃李主演×三浦大輔監督タッグにより石田衣良の同名小説を映画化した「娼年」から、特報映像が公開された。

秘密の会員制ボーイズクラブのオーナー・静香と出会い、“娼夫”となった主人公・森中領(リョウ)が、さまざまな女性たちの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに触れていく姿を描いた本作。昨年8月には三浦&松坂のタッグで舞台化され、原作に忠実にセックスを真っ向からから描いた内容と、松坂の体当たりの演技で大きな話題を集めた本作が、二人の再タッグにより映画化される。

本作のレイティングは「R18+」。女性たちと身体を重ねながら、彼女たちの心の奥に隠された欲望を解放し、自らも少しずつ成長していくリョウを演じた松坂は「ここまで精神的に追い込まれた現場は初めてかもしれません」と語り、「性描写に関しては一切妥協しない」という三浦大輔監督とともに作品に臨んだ撮影には「舞台同様、“無”になりました」と振り返っている。

松坂のほか、ボーイズクラブ「パッション」のオーナー・御堂静香の真飛聖、「パッション」に入るための“情熱の試験”の場でリョウの前に現れる静香の娘・咲良役の冨手麻妙、リョウが娼夫として出会うワケありの泉川夫妻役の西岡徳馬、上品な老女役の江波杏子が顔をそろえる。

この記事の写真

  • 映画「娼年」 1 メイン
  • 映画「娼年」特報
  • 映画「娼年」 2 サブ
  • 映画「娼年」 上段は、真飛聖(左)と冨手麻妙、下段は、西岡徳馬(左)と江波杏子

インフォメーション


映画「娼年」

【スタッフ】原作=石田衣良「娼年」(集英社文庫刊) 脚本・監督=三浦大輔
【キャスト】松坂桃李/真飛聖/冨手麻妙/猪塚健太/桜井ユキ/小柳友/馬渕英里何/荻野友里/佐々木心音/大谷麻衣/階戸瑠李/西岡徳馬/江波杏子

2018年4月6日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほか、全国ロードショー

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9754