乃木坂46・衛藤美彩&伊藤純奈&久保史緒里がチェーホフに挑戦 赤澤ムック演出『三人姉妹』開幕 - 2018年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『三人姉妹』開幕 1 左から、伊藤純奈、衛藤美彩、久保史緒里

▲ 左から、伊藤純奈、衛藤美彩、久保史緒里

ギャラリーで見る(全16枚)


『三人姉妹』開幕 11 左から、赤澤ムック、伊藤純奈、衛藤美彩、久保史緒里

▲ 左から、赤澤ムック、伊藤純奈、衛藤美彩、久保史緒里

画像を拡大

このほかの写真も見る

アイドルグループ「乃木坂46」の衛藤美彩、伊藤純奈、久保史緒里が、チェーホフ作品に挑戦。博品館劇場『三人姉妹』の本日17日の開幕に先立って、囲み会見と公開舞台稽古が行われた。

「プリンシパル」シリーズや、『すべての犬は天国へ行く』『墓場、女子高生』など、さまざまな演劇作品に取り組んでいる乃木坂46のメンバーたち。今回は1期生の衛藤、2期生の伊藤、3期生の久保が、赤澤ムックを演出に迎え、モスクワへの帰郷を夢見ながら、理想と現実の狭間で揺れ動く姉妹たちの物語を立ち上げる。

初日を前にして、長女オリガを演じる衛藤は「オリガは、ため息が多く常に疲れている役。テンションはあまり上がらないので、声の張り方だったり技術的な難しさもありました。でも舞台上の世界観やセットがかわいいので、あまり頭で考え過ぎずにすんなり作品世界へ入っていけそう」と意気込んだ。

セットに加え、黒と赤で彩られた美しい衣裳も独特なテイスト。衛藤は「何度もフィティングしてすごく丁寧につくっていただいた。細かなところにもムックさんや皆さんに意見を出してもらっています」と明かすと、赤澤は「皆さんモデルとしても活躍しているので、衣裳から世界観を感じ取って、役づくに生かしてしてもらえた」と手応えを感じている様子だ。

髪型にも衛藤は「絵コンテ通りだ!って驚きました(笑)」と目を輝かせると、久保はボブカットのウィッグに「この長さにしたことがなかったし、髪を染めたこともなかったので新鮮。ウィッグをかぶるたびに、かわいいと言ってくださって、恥ずかしいけどうれしかったです」とはにかんでいた。

次女マーシャを演じる伊藤は「それぞれのキャラが立っているし、舞台に立っているだけで絵になる。何もしていない時間も退屈しないと思う。まばたきするのももったいないくらいにしっかりと見てほしい」と自信たっぷりにメッセージを送った。

三女イリーナを演じる久保は、3期生全メンバーで出演した前回の舞台『見殺し姫』から一転しての、今回のチャレンジに「今までとは環境が違うので、いろいろな不安があったけど、先輩方や共演者の方が話しかけて優しくしてくれて、今は緊張なく、楽しみながら学べました」と充実した表情だった。

役づくりについて問われると、衛藤は「オリガの行動が理解できないシーンもあったけど、ムックさんから『あまり深く理解し過ぎなくてもよい』とアドバイスをもらったりして、客観的に役を見ながらできました。乃木坂でも年長組で、お姉さんなのはリンクしますね」と語る。

久保が「稽古は毎日すごく楽しかったです。イリーナは常にテンションが高いので、それをキープするのは大変で……」ともじもじと戸惑いながら答えていると、伊藤は「大変でした」としっかりとフォロー。赤澤が「もはや姉妹ですね」と話す通り、“姉妹ぶり”が垣間見える。衛藤は「普段から妹が40人以上いるので(笑)、(役づくりには)困らなかったです」と笑顔だ。

そんな衛藤に対して、久保は「話しやすくて、メイクを教えてくれたり、やってくれたりして本当にお姉ちゃんみたい」とにっこり。しかし、衛藤は「でも、この娘は塗ったネイルをすぐぐちゃぐちゃにしちゃうんです」と暴露すると、久保はこれに「それは言っちゃダメ!」と大慌て。衛藤も「リアル三女のよう」と、ほほえましいやりとりが見られた。伊藤も「醸し出すオーラがすでに長女。たぶん本人は意識しなくても、私たちはやっぱりお姉ちゃんだと思う」とコメントした。

一方、演出・赤澤は3人の印象を問われると「初対面の印象を思い出そうとしてもすっかり忘れてしまった。それほどに全員が作品にかなり向き合ってくれて、今は女優としての印象しかない」と太鼓判。

それぞれの個性にも触れ、衛藤には「“優等生”と言われるのは努力家だから。稽古で消化できないところがあったら、翌日にはそれを超えている」、伊藤には「パッション、感性が豊か。こっちのコメントに思いがけない返しをしてくれて、それが正解だったりする」、久保には「稽古場のマスコットキャラクターのように愛される。おかげで潤滑に稽古できたし、彼女も体当たりで頑張ってくれた」と評価した。

また、赤澤が「劇中での1セリフをやってみせて」と突然のフリが飛び出す場面も。イリーナのセリフで「そんなの困るわ!」とキュートな芝居で応えつつも、恥ずかしそうにしている久保に、衛藤は「みんなメロメロ」とほほえみ、会場は和やかな空気に包まれた。

公演は2月4日(日)まで。

この記事の写真

  • 『三人姉妹』開幕 1 左から、伊藤純奈、衛藤美彩、久保史緒里
  • 『三人姉妹』開幕 2 左から、伊藤純奈、久保史緒里、衛藤美彩
  • 『三人姉妹』開幕 3 衛藤美彩
  • 『三人姉妹』開幕 4 伊藤純奈
  • 『三人姉妹』開幕 5 春川芽生(左)と久保史緒里
  • 『三人姉妹』開幕 6 衛藤美彩(奥)と久保史緒里
  • 『三人姉妹』開幕 7 左から、伊藤純奈、久保史緒里、衛藤美彩
  • 『三人姉妹』開幕 8 左から、伊藤純奈、汐月しゅう、久保史緒里、美翔かずき、春川芽生
  • 『三人姉妹』開幕 9 汐月しゅう(左)と伊藤純奈
  • 『三人姉妹』開幕 10
  • 『三人姉妹』開幕 11 左から、赤澤ムック、伊藤純奈、衛藤美彩、久保史緒里
  • 『三人姉妹』開幕 12 衛藤美彩
  • 『三人姉妹』開幕 13 伊藤純奈
  • 『三人姉妹』開幕 14 久保史緒里
  • 『三人姉妹』開幕 15
  • 『三人姉妹』開幕 16

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9759