松坂桃李主演×小川絵梨子演出『マクガワン・トリロジー』が上演 IRAの殺人マシーンを描いた問題作 - 2018年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

松坂桃李主演×小川絵梨子演出タッグによる舞台『マクガワン・トリロジー』が、今夏上演される。

本作は、アイルランド、ゴールウェイの作家シーマス・スキャンロンによる戯曲。南北アイルランドを舞台に、IRA(アイルランド共和軍)の殺人マシーンとして出世を果たすヴィクター・マクガワンの暴力性と悲哀に満ちた物語を描いたものだ。「トリロジー(三部作)」というタイトルの通り、ヴィクターを中心とした3年の歳月が、3つのパートで構成されたコメディータッチの悲劇となっている。

2014年にニューヨークの「第1回アイルランド演劇祭」で複数の賞を受賞し話題を集めた本作が、このたび日本初演。松坂は、小川とのタッグで、猟奇的で過激でありながら、心の内に悲しみも孕んだヴィクターに挑む。また共演には、浜中文一、趣里、高橋惠子と実力派たちが顔をそろえる。

インフォメーション

『マクガワン・トリロジー』

【スタッフ】作=シーマス・スキャンロン 翻訳=浦辺千鶴 演出=小川絵梨子
【キャスト】松坂桃李/浜中文一/趣里/小柳心/谷田歩/高橋惠子

■愛知公演
2018年6月29日(金)〜7月1日(日)
・会場=穂の国とよはし芸術劇場 PLAT 主ホール
・一般前売=4月15日(日)開始
・料金=全席指S席8,000円/A席7,000円/B席5,000円

■兵庫公演
2018年7月4日(水)〜8日(日)
・会場=兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
・一般前売=4月15日(日)開始
・料金=全席指定8,800円

■東京公演
2018年7月13日(金)〜29日(日)
・会場=世田谷パブリックシアター
・一般前売=4月15日(日)開始
・料金=全席指定S席8,800円/A席7,800円予定

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9774