渡辺えり&キムラ緑子コンビ「有頂天シリーズ」第2弾 『喜劇 有頂天一座』開幕 - 2018年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『喜劇 有頂天一座』開幕 1 キムラ緑子(左)と渡辺えり

▲ キムラ緑子(左)と渡辺えり

ギャラリーで見る(全12枚)


『喜劇 有頂天一座』開幕 11 キムラ緑子(左)と渡辺えり

▲ キムラ緑子(左)と渡辺えり

画像を拡大

このほかの写真も見る

渡辺えり&キムラ緑子の共演で送る『喜劇 有頂天一座』が、本日1日に新橋演舞場で開幕。その初日を前に、公開舞台稽古と囲み会見が行われた。

女剣劇の世界で巻き起こる座長の座をめぐっての壮絶な“女いくさ”をコメディータッチで描いた本作。『女剣劇朝霧一座』のタイトルで、初代水谷八重子、市川翠扇らの出演で1959年に初演された北條秀司の喜劇作品だ。その後も上演が重ねられ、二代目水谷八重子、波乃久里子をはじめとした劇団新派、十二世市川團十郎らによって受け継がれてきた人気作となった。

今回は、2015年の『喜劇 有頂天旅館』で好評を博した渡辺&キムラが再タッグ。二人が演じるのは、女剣劇一座を率いる座長・二代目 朝霧恵美子(渡辺)と、彼女の弟子・小夜子(キムラ)という役どころだ。キムラは「とにかく、えりさんが演じる大好きな先生に弟子入りするという設定ですから。(渡辺の)子供みたいな役で楽しい」と笑顔を見せた。

作品の仕上がりには、渡辺は「見どころだらけ。演劇の面白さや見どころををたくさん詰めた一本になっている」と胸を張ると、キムラは「現実のえりさんも劇団の座長だから、大衆演劇の一座であるえりさんのもとに、みんなが集っていくところは、オーバーラップすることろがある」と信頼を寄せた。

物語は、恵美子と映画スター・嵐玉之介(段田安則)とのスキャンダル発覚を阻止するため、小夜子が恵美子の身替りとなったことをきっかけに、一躍脚光を浴びて看板女優となっていくというストーリー。二人の関係性は、師弟の間柄から激しくぶつかり合うライバルへと展開していくという。

渡辺は「戦いの演技が、いつしか本当の戦いになったりとか、実生活とドラマの虚実が合わさるところがあって、そういう狙いの効果がたくさん入ってくる芝居」と語ると、キムラも「お芝居かな? と思うと舞台中にケンカが始まってしまったり、ケンカなのか芝居なのか分からないところが面白い」とうなずいた。

ただ、渡辺は、段田との逢引のシーンは「舞台人生で初めてのラブシーン」だそうで、キムラは「恥ずかしそうで、そこがかわいらしいです」と話す。一方、林翔太(宇宙Six/ジャニーズJr.)演じる玉之介の弟子・康弘からのアプローチを受けるキムラは「林くんの方が私に気があるという得な役(笑)。彼は、演出家から『大人の女をたらしこむようにやって』という指示を受けていて、もっとやってほしいなと思っていました(笑)」とうれしそう。そんな若手・林に対しては、二人は「才能がありますよね。ダンスを前で踊ってもらって教えてもらいました」(渡辺)、「落ち着いてますし、頼もしい17歳ですね」と太鼓判を押していた。

囲み会見でまとった衣裳の『国定忠治』をはじめ、二人は、さまざまな定番の演目を劇中劇で演じることになる。キムラは「女剣劇のさばきに初めて挑戦しました。いろいろと定番の型があるんですよ。座り方とか立ち方とかすべてご指導してくださったので、振り袖を着ての立ち回りも難しいのですが、なんとかものにしたい」と気合を入れた。

また、渡辺は自身の活動と重ね合わせて「“どうして、今、舞台を続けてるのか?”を語るセリフがあるんです。そこに気持ちを込めたい。自分が40年間舞台をやってきた人生が何のためか? 自分自身への問い掛け、問い直しみたいなシーンなんです」と気を引き締めていた。

最後には、初日への意気込みを込めて、二人そろって「俺には生涯(しょうげえ)てめえという強え味方があったのだ」と、『国定忠治』のおなじみのセリフを力強く放ち会見を締めくくった。

この記事の写真

  • 『喜劇 有頂天一座』開幕 1
  • 『喜劇 有頂天一座』開幕 2
  • 『喜劇 有頂天一座』開幕 3
  • 『喜劇 有頂天一座』開幕 4
  • 『喜劇 有頂天一座』開幕 5
  • 『喜劇 有頂天一座』開幕 6
  • 『喜劇 有頂天一座』開幕 7
  • 『喜劇 有頂天一座』開幕 8
  • 『喜劇 有頂天一座』開幕 9
  • 『喜劇 有頂天一座』開幕 10
  • 『喜劇 有頂天一座』開幕 11
  • 『喜劇 有頂天一座』開幕 12

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9787