篠田麻里子、人気作の初舞台化に「新しい世界観が出来た」 舞台『アンフェアな月』開幕 - 2018年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『アンフェアな月』開幕 1 左から、篠田麻里子、染谷俊之、飯田基祐

▲ 左から、篠田麻里子、染谷俊之、飯田基祐

ギャラリーで見る(全19枚)


『アンフェアな月』開幕 11 左から、飯田基祐、川谷修士、中村優一、染谷俊之、篠田麻里子、岡田達也、和田琢磨、下村青

▲ 左から、飯田基祐、川谷修士、中村優一、染谷俊之、篠田麻里子、岡田達也、和田琢磨、下村青

画像を拡大

このほかの写真も見る

TVドラマなどでも好評を博したベストセラー小説が、篠田麻里子主演で初舞台化。〜刑事・雪平夏見シリーズ〜舞台『アンフェアな月』が、本日、22日に天王洲 銀河劇場にて開幕した。

TVドラマ・映画版でも広く知られ、現在、海外を含めて累計部数は157万部を突破するベストセラー小説「アンフェア」。今回は、シリーズ2作目である「アンフェアな月」の舞台化だ。物語の発端となるのは、生後3カ月の赤ん坊の誘拐事件。しかし犯人からの指示は「娘に見合うだけのものを用意しろ」という曖昧なもので、身代金や条件も提示されない。捜査本部が奇妙な事件に翻弄されてゆくうちに、やがて事件は意外な展開を見せてゆく……。

初日を前にして登壇キャストたちが意気込みを語った。主人公・雪平夏見を担う篠田は「人気シリーズ、初の舞台化で、新しい『アンフェア』の世界観が出来た。事件を追っていく世界観に、皆さんと一緒に浸っていけたら」と手応えをのぞかせ、「一見クールだけど、とても愛に溢れた雪平夏見を演じたい」と意気込んだ。

彼女の相棒・安藤一之を演じる染谷俊之からは「ドラマ、小説のそれぞれの良さがあるけど、舞台ならではの良さをみんなでつくり上げた。舞台ならではの臨場感を楽しんでほしい。雪平夏見をサポートする役なので、ステージ上以外でも(篠田を)サポートできたら」と頼もしい言葉が。誘拐事件の対応に当たる林道航を演じる岡田達也は「スピーディーでスタイリッシュな作品に仕上がった。舞台上で、生身の人間が血肉を通わせて演じることで、雪平夏見のキャラが際立っている。ストーリーはもちろん、雪平夏見を堪能して」と力説した。

雪平夏見の元夫・佐藤和夫を演じる中村優一は「元旦那でもあるけど、父親役でもあるので、娘とのシーンがグッとくる見どころ」と自身の見どころを紹介。誘拐事件の被害者の隣人・日野雅紀を演じる和田琢磨は「演出の(菅野)臣太朗さんに『お前は愛の戦士だ』と言われたので、“愛の代表”として舞台に立ちたいと思います。ほかにもさまざまに愛を追い求めた人間が出てくるので、しっかりと皆さんにバトンを渡せるようにしたい」と気合を入れた。

雪平夏見に迫るTVディレクター・沢木和生を演じる川谷修士(2丁拳銃)は「見どころいっぱいなんですが、僕がめちゃめちゃオイシい役なんで、自分で言います、ぜひ僕を観てほしいです(笑)」と自身をプッシュ。キャリア組の刑事部長・羽田智夫を演じる下村青は「小説をベースとした舞台ならではの演出に注目して」と語った。

雪平夏見の上司である捜査一課長・山路徹夫を演じる飯田基祐は「場面転換が多くて観ていて飽きない。皆さん、優しい方が多くて、稽古中に何度もセリフを間違えても篠田さんは『いいの、いいの』と言ってくれるし、袖で落ち込んでると染谷くんは『大丈夫だよ』と抱きしめてくれて。そんな皆さんが見どころです(笑)」と笑うと、メンバーからは「それは舞台上で見せたらダメなやつでは(笑)」(岡田)、「そこ見れますかね?(笑)」(川谷)とツッコむ一幕もあり、キャストたちの間には和気あいあいとしたムードを感じさせる。

“酒豪キャラ”を演じる篠田に、食事の場での様子を問われると「皆さんお酒が強くて、朝までの方とかもチラホラと。でも……(岡田に)痛風気味で?(笑)」と暴露。岡田が「それ言わんでいいでしょ(笑)」と苦笑いすると、篠田は「と、ギリギリの方もいるので、抑えつつ今後も飲んでいきたいですね(笑)」とにやり。

そんな篠田は今回が舞台初主演。彼女の座長ぶりを問われた染谷は「初主演ですか!?」と驚きの表情で、「そのくらいにカンパニーを引っ張ってくれた。出ているシーンが多いのに、台本を持っているところを見たことないほどで、そんな姿に自然に引っ張られていった」と語る。

岡田は「真面目」と一言。「僕はAKBのことに詳しくないけど、やっぱりトップアイドルとして頑張ってきた人って、当たり前のようだけど、ちゃんと努力するんだなと感心しました。彼女のやる気と熱意が良い意味で派生した稽古場」と太鼓判を押した。

最後に篠田は「1カ月間稽古を積んできて最高のチームワークが出来ました。お客さんと一緒に世界観をつくっていきたいと思っているので、お待ちしています。とてもすてきな舞台なので観に来てください!」と力強くメッセージを送り会見を締めくくった。

公演は3月4日(日)まで。

この記事の写真

  • 『アンフェアな月』開幕 1
  • 『アンフェアな月』開幕 2
  • 『アンフェアな月』開幕 3
  • 『アンフェアな月』開幕 4
  • 『アンフェアな月』開幕 5
  • 『アンフェアな月』開幕 6
  • 『アンフェアな月』開幕 7
  • 『アンフェアな月』開幕 8
  • 『アンフェアな月』開幕 9
  • 『アンフェアな月』開幕 10
  • 『アンフェアな月』開幕 11 左から、飯田基祐、川谷修士、中村優一、染谷俊之、篠田麻里子、岡田達也、和田琢磨、下村青
  • 『アンフェアな月』開幕 12 篠田麻里子
  • 『アンフェアな月』開幕 13 染谷俊之
  • 『アンフェアな月』開幕 14 岡田達也
  • 『アンフェアな月』開幕 15 中村優一
  • 『アンフェアな月』開幕 16 和田琢磨
  • 『アンフェアな月』開幕 17 川谷修士
  • 『アンフェアな月』開幕 18 下村青
  • 『アンフェアな月』開幕 19 飯田基祐

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9822