キスマイ藤ヶ谷太輔、ダメ男演技に自信 三浦大輔作・演出『そして僕は途方に暮れる』開幕 - 2018年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『そして僕は途方に暮れる』開幕 1 左から、中尾明慶、前田敦子、藤ヶ谷太輔、板尾創路

▲ 左から、中尾明慶、前田敦子、藤ヶ谷太輔、板尾創路

ギャラリーで見る(全10枚)


『そして僕は途方に暮れる』開幕 3 前田敦子

▲ 前田敦子

画像を拡大

『そして僕は途方に暮れる』開幕 4 中尾明慶

▲ 中尾明慶

画像を拡大

このほかの写真も見る

三浦大輔の作・演出と、Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔主演のタッグによる舞台『そして僕は途方に暮れる』が、Bunkamuraシアターコクーンにて本日開幕。その初日に先立って、一部シーン公開と囲み会見が行われた。

2015年の『禁断の裸体』(内野聖陽、寺島しのぶ出演)に続き、2度目の同劇場登場となる三浦。本作では「人に怒られたくない」という他愛もない理由から、家族と友人を裏切り続け、すべての人間関係を断ち切り逃亡し続ける青年の姿を描く。

公開されたシーンでは、藤ヶ谷演じる主人公・菅原裕一は、恋人の鈴木里美(前田敦子)から浮気を疑われ詰め寄られると適当な言い訳で逃げ出し、友人・今井伸二(中尾明慶)の家に転がり込めば、何も手伝わず、だらしない暮らしの居候ぶりを見せる。

囲み会見では、そんな藤ヶ谷の姿に報道陣からは「正直、ムカつきました」という言葉が。藤ヶ谷は「それなら僕らも作戦通り。三浦さんに鍛えてもらったのが出たのかな。自信になりましたね」と胸を張った。

前田演じる里美は、演出・三浦の恋人がモデルだそうで「どんな方なのか、三浦さん赤裸々に喋ってくださった」と明かすと、藤ヶ谷も、裕一のモデルは三浦自身であると話し「話し方とか姿勢とか、盗みつつ、分からないことはとにかく(三浦に)聞いて。リアルな話が聞けた」と役づくりの大きな手掛かりとなったようだ。のらりくらとした、裕一を演じるにも「『あぁ』の(言い方の)レパートリーが、今すごくいっぱいありますよ」と役の仕上がりを感じさせる。

ちなみに「Kis-My-Ft2メンバーと裕一が近いのは?」という質問も飛び出すと「ちょっと別だけど、宮田(俊哉)さんあたりは、本当は心で思ってなくても『いいね』って言ったり、たまにTVでも『ハハハ』って笑ってても目が笑ってない時もあって、多少参考にしました(笑)」とコメント。「劇中でも、先輩との絡みで面白くなくても笑うところがあるので、そういう時は(宮田の)顔がよぎりますよね(笑)」と笑わせた。

公開シーンでは登場のなかった父親・菅原浩二を演じる板尾創路は「アクシデントがなければ、後半に出てきます(笑)」と冗談交じりにコメント。「(裕一と)似ている感じもあるし、決して立派な父親ではないですね。ほぼ役づくりはしてない(笑)。(裕一のことが)なんとなく分かるなーと思いながらやってます(笑)」と笑いを誘った。

中尾は、藤ヶ谷の座長ぶりを問われると「いい匂いのする座長ですね(笑)」と応えた。「こんな甘い匂いのする座長は初めて(笑)、後半、友達同士で抱き合うシーンもあるんですけど、匂いを楽しみにしてますね(笑)」と笑ったが、藤ヶ谷とは2度目の舞台共演に「気が知れてるというか、息が合うというか。空気感がつくりやすかった」とコンビネーションに手応えを感じている様子。藤ヶ谷に対しては「本人が舞台をすごく楽しんでいるという印象」と話すと、これに藤ヶ谷は「前回(『コルトガバメンツ』)はストレートプレイが初めてで、悔しさしか残らなかった。今回は楽しみながらやれてますね」と感慨深い表情をのぞかせた。

前田からは藤ヶ谷に対し「すごく真面目。(役同士の)距離感をすごく考えているんですけど、難しいですよね。普段からペラペラ喋るのも違う気がして」と語るように、稽古場のムードは静かな独特なムードだったそう。藤ヶ谷は「今回は全員のシーンがなく、あまりみんなで盛り上がるとかはなくて。全員での食事は、一度あったんですけど、なんとなくシーンとしていて。仲悪いわけじゃないんですけどね(笑)。(三浦から)僕が出す空気が静か過ぎるのかな? 1日盛り上げた方がいいのかなと相談されて。いや、たぶん無理なさらない方がいいんじゃないかと話してたんです(笑)」と振り返った。

そんな稽古場の様子に板尾は「めっちゃ眠たいですよ(一同笑)」と一言。「シーンとしていて、何回も居眠りさせてもらいました。心地いいくらいですよ(笑)。すごい集中してるんです」と続けた。そんなストイックな稽古場の様子は、藤ヶ谷が「三浦さん式ダイエットですね。稽古一生懸命してたら痩せました(笑)」と話すように、彼の身体にも現れているようだった。

最後に藤ヶ谷は「人生の中でいろいろ逃げたい瞬間はあると思うんです。逃げ続けた先に何があるか? そんな主人公のロードムービーになってますので、リアルな感情を劇場で体感してもらいたいと思います」とメッセージを送り会見を締めくくった。

東京公演は4月1日(日)まで。大阪公演は4月9日(月)から15日(日)まで森ノ宮ピロティホールにて行われる。

なお、現在発売中の本誌「シアターガイド」4月号では、藤ヶ谷と三浦の対談を掲載している。公演と併せてこちらもチェックしていただきたい。

この記事の写真

  • 『そして僕は途方に暮れる』開幕 1 左から、中尾明慶、前田敦子、藤ヶ谷太輔、板尾創路
  • 『そして僕は途方に暮れる』開幕 2 前田敦子
  • 『そして僕は途方に暮れる』開幕 3 前田敦子
  • 『そして僕は途方に暮れる』開幕 4 中尾明慶
  • 『そして僕は途方に暮れる』開幕 5 中尾明慶
  • 『そして僕は途方に暮れる』開幕 6 藤ヶ谷太輔
  • 『そして僕は途方に暮れる』開幕 7 前田敦子
  • 『そして僕は途方に暮れる』開幕 8 中尾明慶
  • 『そして僕は途方に暮れる』開幕 9 板尾創路
  • 『そして僕は途方に暮れる』開幕 10 左から、中尾明慶、前田敦子、藤ヶ谷太輔、板尾創路

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9842