尾上右近×G2『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』に篠井英介、南沢奈央らが出演 - 2018年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』上段左から尾上右近、篠井英介、南沢奈央、葛山信吾、鈴木壮麻、下段左から村川絵梨、陰山泰

▲ 上段左から尾上右近、篠井英介、南沢奈央、葛山信吾、鈴木壮麻、下段左から村川絵梨、陰山泰

ギャラリーで見る(全2枚)


『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』ビジュアル

▲ 尾上右近

画像を拡大

尾上右近主演×G2演出タッグによる舞台『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル〜スプーン一杯の水、それは一歩を踏み出すための人生のレシピ〜』の全キャストが決定した。

本作は、トニー賞受賞作『イン・ザ・ハイツ』の脚本を手掛けたキアラ・アレグリア・ヒュディスが、2012年にピュリツァー賞を受賞した戯曲。薬物に救いを求めることになってしまった人びとが、本当に望んでいたもの、そして、立ち直った後にどう生きるか迷い悩む姿を描いたものだ。コカインとインターネットという二つの媒介を対比させることで、人と人との絆が、いかに人生にとって大切なものかを浮かび上がらせていく。

メンバーには、篠井英介、南沢奈央、葛山信吾、鈴木壮麻、村川絵梨、陰山泰が集結。篠井は、右近演じる主人公の母親役を務めるという。

■G2
演劇の本当の面白さって何だろう? と自問することが多くなった昨今、出会ったのがこの戯曲です。Web空間と演劇のミスマッチなマッチング。文字通りワールドワイドに繋がってゆく人々(日本も登場します!)。それぞれに問題を抱え、喘ぎ、苦しみながらも、誰かと繋がろうとする。そんな登場人物たちが織り成す新感覚の劇空間を、右近さんをはじめ、熱量の高いキャストたちとつくり上げる喜び。それはきっと最高の興奮をもたらすはず。です。

インフォメーション

『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル〜スプーン一杯の水、それは一歩を踏み出すための人生のレシピ〜』

【スタッフ】作=キアラ・アレグリア・ヒュディス 翻訳・演出=G2
【キャスト】尾上右近/篠井英介/南沢奈央/葛山信吾/鈴木壮麻/村川絵梨/陰山泰

■東京公演
2018年7月6日(金)〜22日(日)
・会場=紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
・一般前売=4月21日(土)開始
・料金=全席指定8,000円/U-25チケット4,000円(当日指定席引換、要身分証明証、ぴあ・パルステ!前売のみ)

ほかツアー公演を予定

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9870