花總まり&松下優也出演×謝珠栄演出で描くカルメンの姿とは? ミュージカル『ロマーレ』開幕 - 2018年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ロマーレ』開幕 1 松下優也(左)と花總まり

▲ 松下優也(左)と花總まり

ギャラリーで見る(全21枚)


花總まり&松下優也出演×謝珠栄演出のミュージカル『ROMALE(ロマーレ)〜ロマを生き抜いた女 カルメン〜』が、本日23日に東京芸術劇場 メインホールにて開幕した。

物語は、カルメンの足跡をたどるフランス人学者ジャンと、彼女を知るという一人の老人との出会いから始まる。老人の語る、青年ホセとカルメンとの出会いは、1830年スペインのセビリア。軍の規律に忠実な衛兵のホセの前に、妖しい魅力をもつロマ族の女工カルメンが現れる。一瞬で燃え上がるような宿命の恋に落ちる二人。ホセは誰の指示も受けず自由に生きるカルメンに身も心も溺れ、後戻り出来ない状況に陥っていく。だが、「私って女はきっとあんたを不幸にする」と言い放つカルメン。また、彼女の魅力に翻弄されたる男はホセだけではなかった。ホセの上司・スニーガ中尉、カルメンの夫・ガルシア、イギリス貴族・ローレンス−−。彼らに嫉妬したホセの愛は狂おしいまでになってゆく……。

19世紀に描かれたメリメの「カルメン」をベースとした本作。宝塚歌劇団『激情−ホセとカルメン−』や『Calli〜炎の女カルメン〜』を手掛けたきた謝珠栄ならではの視点で、“魔性の女”カルメンの真実の姿を浮かび上がらせていく。

カルメンに挑むのは、宝塚歌劇団『激情』で同役を演じた花總。妖艶で美しく、しかし、哀しいロマ族の運命を受け入れながらも力強く生きるカルメンの姿を体現してみせる。また、松下は、純粋でまっすぐに突き進み、もがき苦しんでいくことになるホセの葛藤を熱演。ストーリーの語り部を担う団時朗、福井晶一の存在で、作品世界の奥行きを持たせながら、深く愛し、思い合うがゆえに錯綜していく二人の生きざまがドラマチックに舞台上に立ち上げられる。

登録不要・手数料0円でチケット販売中!

この記事の写真

  • 『ロマーレ』開幕 1 松下優也(左)と花總まり
  • 『ロマーレ』開幕 2 花總まり
  • 『ロマーレ』開幕 3 福井晶一
  • 『ロマーレ』開幕 3 福井晶一(左)と団時朗
  • 『ロマーレ』開幕 5 松下優也
  • 『ロマーレ』開幕 6 花總まり
  • 『ロマーレ』開幕 7 花總まり(左)と伊礼彼方
  • 『ロマーレ』開幕 8 伊礼彼方
  • 『ロマーレ』開幕 9 松下優也
  • 『ロマーレ』開幕 10 花總まり
  • 『ロマーレ』開幕 11 左から、花總まり、松下優也、伊礼彼方
  • 『ロマーレ』開幕 12 団時朗
  • 『ロマーレ』開幕 13 KENTARO(奥)と花總まり
  • 『ロマーレ』開幕 14 左から、花總まり、KENTARO、松下優也
  • 『ロマーレ』開幕 15 KENTARO
  • 『ロマーレ』開幕 16 花總まり(左)と松下優也
  • 『ロマーレ』開幕 17 太田基裕
  • 『ロマーレ』開幕 18 花總まり(左)と太田基裕
  • 『ロマーレ』開幕 19 松下優也
  • 『ロマーレ』開幕 20 花總まり
  • 『ロマーレ』開幕 21 花總まり(奥)と松下優也

インフォメーション

■大阪公演
2018年4月11日(水)〜4月21日(土)
・会場=梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9874