ほさかよう×小早川俊輔タッグが坂口安吾の世界に挑む 舞台『白痴』開幕 - 2018年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

文豪・坂口安吾の代表作をほさかよう脚本・演出で舞台化。『白痴』が、本日28日にCBGKシブゲキ!!にて開幕した。

原作は、1947 年に発表され、坂口安吾が新文学の旗手として脚光を浴びるきっかけとなった代表作の一つ。敗戦間近の場末の荒んだ人びとが暮らす裏町に住む独身の映画演出家の男が、隣家の白痴の女性と奇妙な関係を築いていくさまをつづる。

このたび、ダークファンタジーの作風を得意とするほさかようにより演劇作品にリメイク。主演を務める小早川俊輔のほか、佐伯亮、中村龍介、碕理人、熊手萌、木ノ本嶺浩といった若手をはじめ、二瓶拓也、谷戸亮太、加藤啓の実力派たちが集結し、安吾の作品世界に挑んでいる。

初日を前にした、ほさかと小早川のコメントは以下の通り。

■ほさかよう(脚本・演出)
古典と呼ばれる文学作品を扱うのには覚悟が要ります。穿った解釈をしていないだろうか。原作をなぞるだけになっていないだろうか。今、この時期に上演する意味を見い出せているだろうか。座長の小早川俊輔はじめ、出演者、スタッフ共に誰一人守りに入らず、果敢にその答えを探し続けてくれました。手応えはあります。坂口安吾が描いた「白痴」という作品の、新たな一面を見つけられたのではないかと。どうぞご期待ください。応えますから。

■小早川俊輔
濃密な稽古も終わり、いよいよ初日の幕が上がろうとしています。今作品の魅力の一つは、主人公の伊沢を中心に、目まぐるしく場面が展開されていくところです。その臨場感や関係性を生み出すために、座組が一体となり共に闘い、ここまで進んで来ました。その時間を大切に、つくり上げてきたものを真摯にお客様にお届けしたいと思います。ぜひ、劇場で楽しんでいただけると幸いです。

この記事の写真

  • 『白痴』開幕 1
  • 『白痴』開幕 2
  • 『白痴』開幕 3
  • 『白痴』開幕 4
  • 『白痴』開幕 5

インフォメーション

『白痴』

【スタッフ】原作=坂口安吾 脚本・演出=ほさかよう
【キャスト】小早川俊輔/佐伯亮/中村龍介/碕理人/二瓶拓也/谷戸亮太/熊手萌/加藤啓/木ノ本嶺浩

2018年3月28日(水)〜4月1日(日)
・会場=CBGKシブゲキ!!
・料金=全席指定6,800円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9880