碓井将大&赤澤ムック&粟根まことの三人芝居『トリスケリオンの靴音』開幕 - 2018年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『トリスケリオンの靴音』開幕 1

▲ 左から、碓井将大、赤澤ムック、粟根まこと

ギャラリーで見る(全7枚)


碓井将大&赤澤ムック&粟根まことによる三人芝居『トリスケリオンの靴音』が、本日28日に赤坂RED/THEATERにて開幕した。

物語の舞台は、とある田舎町。町の活性化を図るためさまざまな取り組みが行われていたのだが、その中に、町出身の彫金家・見城海山の工房を資料館として公開しようというプロジェクトがあった。海山の弟子だった男・土門(粟根)から、海山の破天荒な数々のエピソードをいろいろ聞かされていくうちに、徐々に海山に興味を持ち始める。やがて、資料館のオープンまで1カ月を切ったある日。女は海山の娘だと名乗る一人の女(赤澤)が現れる。彼女は海山の失踪した妻と瓜二つだった……。

思わぬ方向へ転がるプロジェクト。海山の知られざる過去とは? 偶然出会ってしまった三人を結ぶ運命の糸とは? 海山の残した1点のペンダントがカギとなり、その謎を解き明かされてゆく。

作・演出を手掛けた堤泰之(プラチナ・ペーパーズ)は、初日を前に「役者は3人ですが、登場人物は10人くらいいますので、想像力を働かせてお楽しみください」とメッセージ。碓井は「単純に考えて1人30分喋っている。ドキドキ、そしてワクワク。お客さんと一緒に楽しみたいです」と意気込み。赤澤は「演技の面白さが詰まっている作品です。久々の舞台俳優に緊張しますが精一杯頑張ります」と気を引き締め、粟根「美男と美女に挟まれて、おじさん、右往左往です」とコメントしている。

東京公演は4月8日(日)まで。5月11日(金)から13日(土)まで、一心寺シアター倶楽にて公演が行われる。

この記事の写真

  • 『トリスケリオンの靴音』開幕 1
  • 『トリスケリオンの靴音』開幕 2
  • 『トリスケリオンの靴音』開幕 3
  • 『トリスケリオンの靴音』開幕 4
  • 『トリスケリオンの靴音』開幕 5
  • 『トリスケリオンの靴音』開幕 6
  • 『トリスケリオンの靴音』開幕 7

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9881