エビ中・安本彩花が『ギア−GEAR−』East Versionに出演 - 2018年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ギア East Version』安本彩花 1

▲ ドールに扮装した安本彩花

ギャラリーで見る(全3枚)


アイドルグループ「私立恵比寿中学」の安本彩花が、京都発のエンターテインメントステージ『ギア−GEAR−』East Versionのドール役として出演する。

おもちゃの“ドール”と、人間化したロボット“ロボロイド”たちの交流を描いた本作。マイムやブレイクダンス、マジック、ジャグリングなどのさまざまなパフォーマンスが繰り広げられるノンバーバル(非言語)・パフォーマンスだ。京都で2012年からスタートし、2,200回公演を達成するなど、人気を集める舞台で、12月からは、千葉ポートスクエアにて「East Version」として関東にも進出。同役にはこれまでに、藤咲彩音(でんぱ組.inc)、村田寛奈(9nine)らが務めてきた。

このたびの抜てきに安本は「ノンバーバルパフォーマンスという新しいチャレンジをさせていただきます。初めて観た時の衝撃、感動は忘れられません。まだまだ未熟者の私ですが、皆さんとすてきな作品をつくれるよう一生懸命頑張ります!!」と意気込んでいる。

安本の出演は4月14日(日)からを予定。

この記事の写真

  • 『ギア East Version』安本彩花 1
  • 『ギア East Version』安本彩花 2
  • 『ギア East Version』安本彩花 3

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9887