前川知大が水木しげる題材にした新作『ゲゲゲの先生へ』を上演 出演に佐々木蔵之介、松雪泰子、白石加代子 - 2018年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ゲゲゲの先生へ』左から、佐々木蔵之介、松雪泰子、白石加代子

▲ 左から、佐々木蔵之介、松雪泰子、白石加代子


劇団「イキウメ」の前川知大が、漫画家水木しげるを題材にした新作を書き下ろし。舞台『ゲゲゲの先生へ』が、10月に東京芸術劇場 プレイハウスにて上演される。

“現実の中の異界”を描き続ける前川が、“水木しげるの世界”をモチーフに新たにつくり上げる本作。キャストには、佐々木蔵之介、松雪泰子、白石加代子の参加が決定している。一体、どのような作品になるのか? ファンは今後の情報に注目だ。

■前川知大
ある一つの原作の舞台化でも水木しげる先生の評伝でもありません。大切にしたいのは、水木先生の人生観、世界や不思議との関わり方です。膨大な作品群、エッセイやインタビュー、登場人物や言葉、エピソードをお借りして、一つの演劇に編み上げます。

インフォメーション

舞台『ゲゲゲの先生へ』

【スタッフ】原案=水木しげる 脚本・演出=前川知大
【キャスト】佐々木蔵之介/松雪泰子/白石加代子 ほか

2018年10月
・会場=東京芸術劇場プレイハウス
・一般前売=8月初旬予定

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9888