辺見えみり、親子二代のハニガン役に「ウルっとくる」 『アニー』2018年公演が明日開幕 - 2018年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『アニー』2018 開幕 1

▲ 公開舞台稽古の様子

ギャラリーで見る(全6枚)


『アニー』2018 開幕 6 左から、辺見えみり、新井夢乃、宮城弥榮、藤本隆宏

▲ 左から、辺見えみり、新井夢乃、宮城弥榮、藤本隆宏

画像を拡大

このほかの写真も見る

ミュージカル『アニー』2018年公演が、明日21日(土)に新国立劇場 中劇場にて開幕。その初日公演を前に公開舞台稽古と囲み会見が行われた。

1986年の日本初演から上演が重ねられ、多くの人びとから親しまれてきた本作。昨年からは、新たに山田和也を演出に迎え、さらに、翻訳台本、振付・舞台美術・衣裳なども一新した新演出版の『アニー』となっている。

今年のアニー役を務める新井夢乃(あらい・ゆめの)&宮城弥榮(みやぎ・やえ)は、稽古期間を終えて「始まる前は緊張したけど、始まって終わってからはあっという間でした」(宮城)、「優しくて元気いっぱいのアニーになるように頑張ってきて稽古は楽しくてあっという間に終わったけど、一回一回を大切にしたいです」(新井)とそれぞれにコメント。

憧れのアニーを実際に演じてみての感想を問われ、新井は「台本の中でもアニーは賢くて、たまに涙を見せるけど、ほとんど笑顔で元気いっぱいだと思います」は答えると、宮城は「いつも元気で明るくて、たまに泣くけど、そこも含めてアニーは良い子だと思います」と語った。

昨年に続き大富豪ウォーバックスを演じる藤本隆宏は「お客様に感動をしていただいていますが、私自身も感動をいただいた作品なので、自信を持って昨年以上に精いっぱいやりたいと思います」と意気込む。

前回と比較して「よりパワーアップしている。アニー二人は元気よく、やるたびにどんどん成長が見えます。辺見さんの歌・ハーモニーが素晴らしいです。役は怖いけどプライベートはとても優しい、みんな舞台袖で子供たちは、辺見さんのもとに集まっているんですよ」と明かす。

そのハニガン役・辺見えみりは「稽古場でみんなでやってきたものを、やっとようやく見せられるので、もちろん緊張するけど、お客様と触れ合って、どんなふうな役になっていくか楽しみです。とにかく精いっぱい演じたいです」と意欲的。母・辺見マリと親子二代で演じるハニガンには「母の時と衣裳も演出も違いますが、セリフや歌は、母親が演じているのを見ていたものを、今、自分が演じているということに対し、ウルっとくる時があります」と感慨深い様子だ。

そんな大人キャストの様子に、アニー役の二人は「藤本さんは、思っていたよりも優しいです。辺見さんは、稽古場で『おはよう』と声をかけてくれて、とても楽しい人だと思います」(宮城)、「藤本さんは、優しくてふんわりしてていいなと思います。辺見さんは、芝居の時はハニガン役なので怖いけど、普段は声をかけてくれて面白くていいなと思います」(新井)と、普段の表情を明かした。

反対に大人キャストからはアニーの二人に「二人はとても度胸があって、子役じゃなくて一人の女優として見えています。稽古を失敗しても前向きで、それは俳優として素晴らしい」(藤本)、「子供だけど子供に見えない、貫禄がある。物怖じしない感じが稽古場からあって、私も遠慮しないでガンガンいけます」(辺見)と太鼓判を押す。

また、辺見の子供のことにも話題が及ぶと、辺見は「娘は、私がずっと家で練習していたのを聞いていて、少し色っぽい歌も、意味もわからず歌っています(笑)。娘は(アニー役の挑戦は)難しいと思います(笑)。照れ屋なので。二人のアニーを見ていてそう思いますし、本当に二人はすごいと思います」と笑った。

最後に登壇キャストがそれぞれにメッセージ。「緊張しているけど、稽古から楽しくて、みんなで力を合わせて頑張ってきたので、明日からも、稽古で頑張ってきたものをお客さんに伝えられるように頑張りたいです」(新井)、「明日から5月7日まで、今日ゲネプロでうまくいったと思うので、それを本番でも出し切っていきたいです」(宮城)、「昨年16年ぶりに新演出版となりましたが、また今年もパワーアップしたので、新『アニー』と言えると思います。ぜひ観に来ていただきたいです。特に辺見さんのハニガンがすてきです。辺見さんの歌が素晴らしい。ハーモニーが美しい曲だなとあらためて思わせてくれます」(藤本)、「とにかく観に来ていただいたお客様に、元気になっていただいたり、大人どうしでも、ああだったねと話しながら、楽しみながら帰っていただけるような作品だと思います。自分も昨年観客として観た印象と、今年演じてみての印象は違うので、すごく新鮮な感じに仕上がっていると思います。昨年観た方も、新しい発見があると思いますので、ぜひ、劇場までお越しください」(辺見)とアピールし会見を締めくくった。

公演は5月7日(月)まで。夏には、福岡、大阪、新潟、愛知を巡るツアー公演が行われる。

登録不要・手数料0円でチケット販売中!

この記事の写真

  • 『アニー』2018 開幕 1
  • 『アニー』2018 開幕 2
  • 『アニー』2018 開幕 3
  • 『アニー』2018 開幕 4
  • 『アニー』2018 開幕 5
  • 『アニー』2018 開幕 6 左から、辺見えみり、新井夢乃、宮城弥榮、藤本隆宏

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9918