Hey! Say! JUMP八乙女光&高木雄也が挑戦の成果見せる シェイクスピア誕生秘話描く『薔薇と白鳥』開幕 - 2018年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『薔薇と白鳥』開幕 1 左から、武田真治、高木雄也、八乙女光、佐藤B作

▲ 左から、武田真治、高木雄也、八乙女光、佐藤B作

ギャラリーで見る(全12枚)


Hey! Say! JUMP八乙女光&高木雄也のW主演による舞台『薔薇と白鳥』が、27日に東京グローブ座にて開幕。その初日を前に、公開舞台稽古と囲み会見が、行われた。

物語の舞台は、16世紀末、エリザベス女王統治下のイギリス。劇作家クリストファー・マーロウ(八乙女)は、若くしてヒット作を生み出すも奔放な生活を送っていた。ある日、彼は、貴族からの依頼で田舎出の俳優志望の青年ウィリアム・シェイクスピアに劇作を教えることに。並外れた記憶力を持つだけでなく、人懐っこい性格で周囲の人々から信頼を得ていくシェイクスピア。マーロウも、そんなシェイクスピアの才能に触れることで、心の奥底にある熱いものを突き動かされ、真剣に劇作に向かい始めるようになるのだが……。史実や当時の演劇エピソードを織り込みながら、育ちも性格も対照的な二人の天才劇作家がつむぐ友情と葛藤を通して、“シェイクスピア誕生”の秘話に迫る歴史ミステリーだ。

本作が『殺風景』以来、4年ぶりの舞台出演となる八乙女に対して、高木はこれが初舞台。高木は「もともと舞台に興味持ったのは、光くんが4年前にやっていたのを観てからなんです。『うわ! 俺が知っている八乙女光じゃない!』って思って。それから、自分もいつかやってみたいと思っていたら、まさか一緒にやることになるとは」と驚いていたが、「“先輩”から勉強したことは?」という質問には「あったかなぁ〜」とトボけて笑いを誘った。

稽古期間を振り返ると、八乙女は「何度も稽古して、ぶつかり方をどんどん深めてきた。自分たちからお願いして、皆さんより先に稽古させてもらってたんです。とにかく反復練習して、G2さんからリクエストやダメをいただいて、ゼロの状態から細かくつくり上げていった」と貪欲な姿勢がうかがえる。高木は「僕の場合は映像の演技しかやっていなかったので、(舞台上で)前を向くという意識がなくて、すぐ後ろ向いちゃったりして。本当に初歩的なところからでした」と地道に稽古を重ねてきたようだ。

また、膨大なセリフに果敢にチャレンジした八乙女は「最初は無理だと思いました。ただ、実際にイギリスに勉強に行かせてもらったら、いい刺激をもらって、スーッとセリフが入ってきたんです」と目を輝かせた。

初舞台となる高木に「初めてでの舞台でこんないいキャストさんに囲まれて、コイツは幸せ者」と八乙女が話す通り、二人の脇を固めるのは、武田真治や佐藤B作ら実力派共演者たち。高木は「G2さんからの演出もあるけど、(共演者からの)アドバイスは本当に勉強になりました! シーンを毎回見てくれて『こういうやり方もあるよね』と、いろいろな見せ方やバリエーションを教えてくれたんです」と尊敬の眼差しだ。

武田は「彼らは、まず“内面をつくる”という、役者としての見本のような役づくり。それも必要だけど、見せ方の調整もしないと行き詰まっちゃうから、たまに言わせてもらったんです」と話したが、「ただ、それ(アドバイス)は結構な割合でG2さんからは『いらない』と……」と残念そうにポツリ。八乙女&高木は「そんなことない!(笑)」と慌ててフォローし、笑いが起こる一幕もあった。

佐藤は「毎日、G2さんから山ほどダメ出しをもらっているので、(アドバイスは送らなくても)それで十分だろうから、精神的な支えになるしかない。温かく見守る親父という感じですよ(笑)」と優しく笑い、「『頑張れよ!』と、応援したくなるんですよね」とエールを送る。この言葉にうれしそうにガッツポーズを見せる高木に、佐藤は「お前じゃない(会場笑)」とツッコんで笑いを取りながら、「雄也もすてきだけどね(笑)。光はムキになるところがすてき、ケンカ拳法みたいな芝居で、役にも合ってる」と太鼓判を押した。

佐藤が明かしたG2からのダメ出しは、毎回、数ページにわたるもので、全役者が共有しているそう。武田によると「誰にどれだけダメ出しが行っているのか分かる」のだという。中でも八乙女へのダメ出しは相当な量で、佐藤も「初日前にあれをもらったら、役者はイヤになっちゃうよ」とぼやくほどだ。

「ダメ出しにヘコむことは?」という質問には、八乙女は「自分が悩みながら芝居をしていると、ストンとG2さんの言葉が入る。ヘコむというより『なるほど!』と受け入れられる。G2さんは見抜いているんですね」と気を引き締める。それどころか、八乙女は「今日も直前に、G2さんを楽屋に引きずり込んで『ここを教えて!』って聞いてたんです」と食らいついていくタフさだ。その成果もあってか報道陣からは「とてもそうには見えなかった」との評価を聞くと、八乙女は「そう見えたなら成功ですね(笑)」と笑顔を見せた。

なお、八乙女の「楽屋のれん」は、関ジャニ∞・丸山隆平が制作してくれたものだという。「丸山君に『尊敬しているので』と依頼したら、『僕でいいんですか?』と言いながらもつくってくださった」と経緯を話す。関西ジャニーズJr.の林真鳥がデザインしてくれたというのれんは「僕が使っているベースに、メンバーカラーのイエローを使って、シュッと丸山の“○”を描いたもの。のれんは毎日見るものなので、先輩のパワーをもらえるようでうれしいです」と感激していた。

一方、高木は「絶賛つくっていただいている最中」と申し訳なさそう。「先輩につくってもらうものだとあまり知らなくて……。聞いてすぐ、ドラマ(FINAL CUT)で共演した亀梨(和也)くんにお願いしました。忙しいのに『分かった』と快諾してくれて。頼むのが遅かったので、間もなく届くかと思います。本当に急だったのに申し訳ない」と感謝の気持ちを現した。

グループメンバーの観劇については八乙女は「バラバラに来てくれって言ってます。いっぺんにくると、1日で終わっちゃってさみしいので」とコメント。山田涼介の関心が高いようで「『(八乙女は)舞台に向いてるから楽しみだ』と言ってくれて。台本もらって3日くらいでも、しょっちゅう『セリフ覚えた?』って言われるから『まだだよ!』って(笑)。台本をチラッと見せたら『あーヤバいね……』って返されました(笑)」とグループ内の様子を垣間見せた。

そして、二人は初日に向けて「ライブと同じように、お客さんのパワーを借りつつ、全スタッフ・キャストでできることを全力でやって、ケガのないように千秋楽まで無事に楽しい作品にできたら」(八乙女)、「ゲネプロで、まったく笑わない皆さん(関係者)の前でやったので(笑)、反省点もいろいろ見つかったし、あとはやるしかない。失敗さえも楽しめるようになろうかなと思います」(高木)とそれぞれに気合を入れた。

この記事の写真

  • 『薔薇と白鳥』開幕 1 左から、武田真治、高木雄也、八乙女光、佐藤B作
  • 『薔薇と白鳥』開幕 2 八乙女光
  • 『薔薇と白鳥』開幕 3 高木雄也
  • 『薔薇と白鳥』開幕 4 武田真治
  • 『薔薇と白鳥』開幕 5 佐藤B作
  • 『薔薇と白鳥』開幕 6
  • 『薔薇と白鳥』開幕 7 佐藤B作
  • 『薔薇と白鳥』開幕 8 町田マリー
  • 『薔薇と白鳥』開幕 9 武田真治
  • 『薔薇と白鳥』開幕 10 本折最強さとし
  • 『薔薇と白鳥』開幕 11 町田マリー(左)と武田真治
  • 『薔薇と白鳥』開幕 12 佐藤B作(左)と町田マリー

インフォメーション


■大阪公演
2018年6月29日(金)〜7月1日(日)

*記事中、高木雄也の高は正しくは「はしご高」

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9964