ふぉ〜ゆ〜福田悠太、社会派作品で初の単独主演に挑戦 ミュージカル『DAY ZERO』開幕 - 2018年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『DAY ZERO』開幕 1 左から、西川大貴、梅田彩佳、上口耕平、福田悠太、内藤大希、谷口あかり

▲ 左から、西川大貴、梅田彩佳、上口耕平、福田悠太、内藤大希、谷口あかり

ギャラリーで見る(全13枚)


『DAY ZERO』開幕 6 内藤大希(左)と上口耕平

▲ 内藤大希(左)と上口耕平

画像を拡大

このほかの写真も見る

ふぉ〜ゆ〜・福田悠太主演×吉原光夫演出によるオリジナルミュージカル『DAY ZERO』が、5月31日にDDD青山クロスシアターにて開幕。その初日を前に、一部シーンの公開と囲み会見が行われた。

原作は、2007年にアメリカで公開された同名映画。不穏な空気の中で生きている“普通の人たち”の生活が、一通の召集令状によって、どのように揺さぶられ、変化するかを描き出した社会派作品だ。このたび、ミュージカル『手紙』でも好評を博した高橋知伽江の脚本と、深沢桂子の音楽により日本発のオリジナル・ミュージカルとして上演。キャストは、濃密なドラマをつくり上げるため、総勢6名というミニマムな編成となっており、弁護士ジョージ・リフキン役で、舞台単独初主演となる福田をはじめ、タクシー運転手ジェームス・ディクソン役の上口耕平、小説家アーロン・フェラー役の内藤大希のほか、梅田彩佳、谷口あかり、西川大貴が顔をそろえる。

先だって行われた水戸でのプレビューを経てスタートする本公演。初日を前にして、福田は「プレビュー公演を終えたので、東京初日は落ち着いてできるのかな」と話したが、“初主演”という冠には「そう言われると緊張しちゃう(笑)」と苦笑いだった。

召集令状を受け取った30代の3人の男たちの、出征の日(=DAY ZERO)までの3週間にわたる葛藤や苦悩、決断を描いた本作。骨太なテーマにチャレンジした福田は「日本ではあまり実感がないので、どこまでリアルに感じて、演じて、お客様に伝えることができるか? それが課題であり難しいところ」と話したが、「楽しいところ、魅力でもある」と力強くコメントした。

内藤は「“DAY ZERO”とは何か? とは捉えづらかった時に、身近なことに置き換えてみてと言われたんです。知らない誰かが、突然家に訪れるとか、そんな恐怖からアプローチしてみました」と彼ならではの取り組み方を明かした。

梅田は「タイムリミットが決められた中でどう生きるかは、それぞれに捉え方が違うし、(登場人物と)同じ気持ちになるのは難しいかもしれないけど、明日から好きな人に告白してみようと思えたりとか、ちょっとした力でも与えられる作品になれば」と意気込んだ。

“タイムリミット”があれば何がしたい? という話題となると、福田は「お腹いっぱいご飯を食べたいな(一同笑)」と笑いを取りながらも、「やっぱり、友達とか、メンバーとか先輩に会ったりとかかな。すごい考えさせられる舞台で、僕たちがいろいろ考えないと何も伝わらないと思うので、ものすごく考えています」とコメント。

上口は「僕らは舞台上で表現することが好きなので、タイムリミットまで何かを伝え続けたい」と答えると、福田が「カッコいい! 俺もそれがいい(笑)」と笑い合っていた。

稽古にあたっては「僕らもディスカッションしてきたし、吉原光夫さんからもたくさんの話をしていただいて、カンパニーは家族同然。お父さん(吉原)率いる“チーム『DAY ZERO』”で高めてきた」と充実した様子。福田は、カンパニーからも“福ちゃん”と呼ばれていると、チームワークの仕上がりがうかがえる。

“座長”を務めることについて問われても「そういうことは関係なく、みんなで作品に突き進んできた。誰がというよりも、作品自体が僕らを引っ張ってくれたんじゃないかな……」と真摯な表情だったが、「すっごい、良いこと言いました!」と自画自賛の一言で会場を和ませた。

さらに、「普段当たり前だと思っていたことが、当たり前じゃないと思わせてくれる。作品に出会って毎日、日々の生活が彩り鮮やかに見えるんです。絆とか友達とか、生と死とか、小さなことが大事だと気付かされる。普段考えているようで考えていないことを真剣に考えるようになった」と作品への思いを述べる福田に、報道陣からは「表情が違う」という言葉も。これに「そうですか? あ、やっぱり座長だからかな」とにっこり。

ふぉ〜ゆ〜メンバーに話題が及ぶと「観に来てくれると思うけど、ふぉ〜ゆ〜から抜けて、初めての舞台なので、どんな意見を言ってくるのかな? まあ、何も言わせないつもり。びっくりさせますよ」と胸を張って見せるが、梅田から「(メンバーが来たら)絶対緊張しますよね……」とポツリ。福田はすかさず「……だから、緊張させるのやめてもらえます?(一同笑)」とツッコミを入れていた。

最後に、ファンへ向けてのコメントを求められた福田は「『DAY ZERO』を観て何を思うか? 何を感じるか……? お聞かせください」とメッセージを送り会見を締めくくった。

公演は、24日(日)まで。その後、愛知、大阪でのツアー公演が行われる。

なお、発売中の「シアターガイド」7月号では、吉原、福田、上口の鼎談が掲載されている。公演と併せてこちらもチェックしていただきたい。

この記事の写真

  • 『DAY ZERO』開幕 1 左から、西川大貴、梅田彩佳、上口耕平、福田悠太、内藤大希、谷口あかり
  • 『DAY ZERO』開幕 2 左から、谷口あかり、西川大貴、梅田彩佳
  • 『DAY ZERO』開幕 3 上口耕平
  • 『DAY ZERO』開幕 4 内藤大希
  • 『DAY ZERO』開幕 5 左から、内藤大希、上口耕平、梅田彩佳
  • 『DAY ZERO』開幕 6 内藤大希(左)と上口耕平
  • 『DAY ZERO』開幕 7 福田悠太
  • 『DAY ZERO』開幕 8 上口耕平
  • 『DAY ZERO』開幕 9 内藤大希
  • 『DAY ZERO』開幕 10 梅田彩佳
  • 『DAY ZERO』開幕 11 谷口あかり
  • 『DAY ZERO』開幕 12 西川大貴
  • 『DAY ZERO』開幕 13 左から、上口耕平、福田悠太、内藤大希

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9969