「家庭教師ヒットマンREBORN!」が舞台化 リボーン役はアニメ版声優のニーコ - 2018年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『家庭教師ヒットマンREBORN!』ニーコ

▲ リボーン役:ニーコ

画像を拡大

集英社「週刊少年ジャンプ」で連載された人気漫画「家庭教師(かてきょー)ヒットマンREBORN!」が初舞台化。リボーン役は、アニメ版声優も担当したニーコが務める。

物語の軸となるのは、運動も勉強もダメで何事もすぐに諦めてしまう、うだつの上がらない少年ツナこと沢田綱吉と、彼のもとに家庭教師として現れた、赤ん坊のような見た目の“ヒットマン(殺し屋)”のリボーン。頭を撃たれた者が“後悔したことを死ぬ気で頑張る”というリボーンの秘弾「死ぬ気弾」の力で、ツナが、イタリアンマフィア「ボンゴレファミリー」10代目ボスにふさわしい人間となるべく、新たな“仲間”とともに奮闘するというストーリーだ。

2004年から12年まで、天野明により連載され、アニメ版などでも好評を博し、昨年にはアニメ放送10周年を記念したイベントが開催されるなど、今なお多くのファンを集めるヒット作となった。

このたび劇団鹿殺し・丸尾丸一郎の脚本・演出で舞台化が決定。リボーン役として、アニメ版でも同役の声を担当していたニーコが登場する。ツナ役を担うのは竹中凌平。そのほか、ボンゴレ守護者キャストは、公式サイトにて毎日一人ずつ発表されていくとのことだ。

この記事の写真

  • 『家庭教師ヒットマンREBORN!』ニーコ
  • 『家庭教師ヒットマンREBORN!』竹中凌平

インフォメーション

『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE

【スタッフ】原作=天野明「家庭教師ヒットマンREBORN!」(集英社 ジャンプ コミックス刊) 演出・脚本=丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)

【キャスト】ニーコ(リボーン)/竹中凌平(沢田綱吉) ほか

■東京公演
2018年9月21日(金)〜30日(日)
・会場=天王洲 銀河劇場

■大阪公演
2018年10月3日(水)〜6日(土)
・会場=メルパルクホール大阪

各公演とも
・料金=全席指定 プレミアムチケット(パンフレット&非売品グッズ付)10,800円(税込)/一般7,800円(税込)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9975