松たか子、大地真央、古川雄大らが「第9回岩谷時子賞」を受賞 - 2018年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
「第9回岩谷時子賞」1 後列左から、古川雄大、上野耕平、前列左から、黒木雪音、大地真央、松たか子、石井ふく子

▲ 後列左から、古川雄大、上野耕平、前列左から、黒木雪音、大地真央、松たか子、石井ふく子

ギャラリーで見る(全12枚)


音楽・演劇界の明日を担う人材や、その向上・発展に功労のあった人物・団体に贈られる「第9回岩谷時子賞」の授賞式が、11日に都内で行われた。

岩谷時子賞を受賞したのは松たか子。そのほか、特別賞は大地真央、奨励賞は古川雄大、サキソフォン奏者・上野耕平、功労賞はプロデューサー・演出家の石井ふく子へ贈られた。また、人材育成を目的とした「岩谷時子 Foundation for Youth」にはピアニストの黒木雪音が選ばれた。

【岩谷時子賞】
■松たか子
このような賞をいただけまして、とてもうれしいです。が、「なんで私なんだろう?」という思いのまま、ここに来てしまいました。本当はそんなことではいけないのですが。昨年は、音楽でも映像においても新しい出会いがたくさんあり、挑戦すべきことに後押しされて、とても充実した時間を過ごすことができました。この賞をいただいてよかったんだと思える自分に、もうちょっと時間をかけてなりたいと思います。もし皆さんのお許しをいただけるのなら、賞にふさわしい私になることを厳しく見守っていただければと思います。
『ミス・サイゴン』にキム役で出させていただきました。いろいろな俳優さんが歌ってきたナンバーを自分も歌えたことを忘れることはありません。再演を重ねて、世代を超えて届く歌詞を書かれるお仕事に素直に尊敬しますし、私には到底もてないものの見方考え方を持っていらっしゃる。また歌う機会があるのだとすれば、また謙虚にそこに向かいたいと思います。
まだ、ご存命だった時、先生のある作品をすてきなミュージカルだと話したことがあり、それが先生のお耳に入っようで、訳詞のコピーを頂戴したことがありました。小さな俳優の声にも耳を傾けてくださり、経験の若い人間にもとても優しい目で、好奇心をもって、指導してくださったのだという思い出があります。

【特別賞】
■大地真央
宝塚歌劇団の初舞台から今年で45周年になります。その年に、ドラマ「越路吹雪物語」で越路吹雪さんを演じ、この賞をいただけましたこと、本当に心からうれしく思います。また、ドラマで、岩谷時子さんを演じたプレゼンターの市毛良枝さんから、賞を手渡たししていただけたことも、一生忘れない思い出になります。この賞に恥じないようにますます精進してまいりたいと思います。

■古川雄大
ミュージカルをやらせていただくようになって、まだまだ未熟ではあるのですが、このような素晴らしい賞をいただけて、本当にうれしく幸せに思っています。この賞をいただいたからにはもっともっと表現者として、成長していけるように日々精進していきたいと思います。
まだ舞台では、岩谷時子先生の作品とは出会っていないのですが、この世界で活動するならばいずれ出会いたいと思います。その時には、先生のパワーをお借りして、また新たな自分を発見できるように頑張っていきたいと思います。

【奨励賞】
■上野耕平
私が演奏するサキソフォンは、比較的新しい楽器です。新しいということは、機能性に優れるという一方で、曲が少ないという弱点もあるんですが、僕はそれを長所だと思っています。われわれプレイヤーがどう吹いて、扱っていくかで、育っていく余地が残されていると考えていて、そこに僕は挑戦していきたいと思っています。
また、日本には吹奏楽部の文化があり、音楽に向き合う子供たちが多いのですが、残念ながら、部活をやめると音楽と縁を切ってしまうことが多いのが、プロとして大変残念だと痛感しています。われわれプロの演奏家の演奏で、かつて自分がそうであったように、音楽の魅力に惹かれ、音楽に親しむ人がもっともっと増えるように、これからも努力して参ります。

【功労賞】
■石井ふく子
思いがけない賞でして、私はあまり音楽を嗜んでおりませんのに、間違じゃないかと思いました。でも、賞を頂戴して大変うれしく思います。越路さんと父母が大変仲良くしており、岩谷時子さんをご紹介していただきました。越路さんは「私たちは“二人で一人前”だから、ふくちゃんよろしくね」と言われました。でも私は“二人で一人前”の意味が分からず、じっとしてたいら、母が「そうよ、(越路吹雪が)何もできないから、全部岩谷さんがやっているのよ」と言い、それが岩谷さんとの初めての出会いでした。今回、この賞を頂戴して、きっと母も喜んでいることかと思います。
岩谷さんは、いつも越路さんの無理を聞いて、それを平気で受けている様子でした。ある時、越路さんは「友達って良いわよ。こんなすてきな友達を持てたことは幸せ」だとおっしゃいました。でも「これは時子さんには内緒よ」と(会場笑)。私も越路さんのように、本当にすてきな仲間に恵まれて、この仕事を続けてこられました。この賞を頂戴して、また一生懸命年を考えずにこれからやりたいと思います。

この記事の写真

  • 「第9回岩谷時子賞」1 後列左から、古川雄大、上野耕平、前列左から、黒木雪音、大地真央、松たか子、石井ふく子
  • 「第9回岩谷時子賞」2 松たか子
  • 「第9回岩谷時子賞」3 大地真央
  • 「第9回岩谷時子賞」4 古川雄大
  • 「第9回岩谷時子賞」5 上野耕平
  • 「第9回岩谷時子賞」6 石井ふく子
  • 「第9回岩谷時子賞」7 黒木雪音
  • 「第9回岩谷時子賞」8 黒木雪音
  • 「第9回岩谷時子賞」11 上野耕平
  • 「第9回岩谷時子賞」10 古川雄大
  • 「第9回岩谷時子賞」11 大地真央
  • 「第9回岩谷時子賞」12 後列左から、古川雄大、上野耕平、黒木雪音、前列左から、市毛良枝(プレゼンター)、大地真央、松たか子、石井ふく子

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9994