『NINAGAWA・マクベス』のニューヨーク公演が決定 - 2018年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

『NINAGAWA・マクベス』市村正親

▲ 市村正親

画像を拡大

故・蜷川幸雄の代表作『NINAGAWA・マクベス』がニューヨークで上演されることとなった。

シェイクスピアの『マクベス』を、せりふと人物設定はそのままに、時代を日本の安土桃山時代に移し替えて描いた本作。舞台全体を覆う巨大な仏壇のセットで“仏壇マクベス”とも呼ばれ、国内外から高い評価を得た蜷川の代名詞ともされる一作だ。蜷川の死去に伴い、一周忌追悼記念公演として2017年の5月より、香港、さいたま、鳥栖、ロンドン、プリマス、シンガポールを巡るツアー公演が実施。シアターロイヤルプリマス(イギリス)に、リンカーンセンターのプロデューサーが来訪し、ニューヨークの演劇関係者たちの熱望からこのたびの公演が実現したという。

主演のマクベスとマクベス夫人は、2015年からコンビを組み、昨年の海外公演でも各地の劇場を沸かせた市村正親と田中裕子が務める。

■市村正親
アメリカで舞台に立つのは初めてです。役者なら誰もが憧れる『NINAGAWA・マクベス』を演じられて、本当に幸せです。「ざまぁみろ! 俺が最後の『NINAGAWA・マクベス』だ!」という気分。市村正親、いよいよNYデビュー!!! ……そのまま住み着くかもしれないぞ(笑)。

インフォメーション

『NINAGAWA・マクベス』ニューヨーク公演

【スタッフ】作=W.シェイクスピア 翻訳=小田島雄志 演出=蜷川幸雄
【キャスト】市村正親/田中裕子/辻萬長/大石継太/瑳川哲朗 ほか

2018年7月21日(土)〜25日(水)
・会場=ディヴィッド・H・コーク劇場

*辻萬長の「辻」は正しくは「一点しんにょう」

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10005