大倉孝二「どうでもいい気持ちで来て」 いとうせいこう参戦のジョンソン&ジャクソン第3回公演『ニューレッスン』開幕 - 2018年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

大倉孝二とブルー&スカイの演劇コンビネーション「ジョンソン&ジャクソン」の第3回公演『ニューレッスン』が、21日CBGKシブゲキ!!で開幕した。

2012年にナイロン100℃の番外公演『持ち主、登場』での共作経験をきっかけに、『窓に映るエレジー』(2014年)、『夜にて』(2016年)と、“役にたたない演劇”と称し、ナンセンスでくだらない作風を追求してきた彼ら。今回は、第1回公演にも出演した池谷のぶえの再参戦に加えて、「ブルー&スカイのファン」と公言する、いとうせいこうが満を持して登場。また追加キャストとして、ナイロン100℃・小園茉奈も出演している。

時は昭和初期、文芸的なニュアンスも漂う世界観からスタートするが……。「ただくだらない芝居をつくりたい」と標榜し立ち上がったユニットだけに、展開は予測不可能。意味のない会話の応酬が繰り広げられる、戸惑いと笑いの世界へと観客を誘う。

初日を迎えた大倉孝二とブルー&スカイのコメントは以下の通り。

■大倉孝二
本当にどうでもいい芝居が、今回も出来上がりました。観に来てくださる皆さんの中には、何が面白いのか分からない人もいるとも思うんですが、まあ、楽に笑っていただけると、こっちとしては盛り上がるので、もし面白かったら「あはは」と笑っていただけると幸いです。かといって、「楽しまなきゃいけない」ということでもないので、気負わずに、とりあえず劇場にどうでもいい気持ちで来てください。お待ちしてます。

■ブルー&スカイ
稽古が始まる前、稽古場でせいこうさんや池谷さんからいろいろとアドバイスを頂いたり、「こうしたら面白い」とか「このセリフの方がいいんじゃないか」とか、話し合いができたら良いね、と思いながら、実際できるか分からなかったのですが、それが出来、作品が完成して、僕個人として本当に貴重な体験をさせていただきました。この貴重な体験が、そんなに内容的に貴重じゃない公演に使えるということは、良いことだな、と思います。そんな感じを観に来てください。頑張ります。

この記事の写真

  • ジョンソン&ジャクソン『ニューレッスン』開幕 1
  • ジョンソン&ジャクソン『ニューレッスン』開幕 2
  • ジョンソン&ジャクソン『ニューレッスン』開幕 3
  • ジョンソン&ジャクソン『ニューレッスン』開幕 4
  • ジョンソン&ジャクソン『ニューレッスン』開幕 5
  • ジョンソン&ジャクソン『ニューレッスン』開幕 6
  • ジョンソン&ジャクソン『ニューレッスン』開幕 7

インフォメーション


■大阪公演
2018年7月6日(金)〜8日(日)
・会場=ABCホール

各公演とも
・一般前売=4月21日(土)開始
・料金=全席指定5,000円/学生割引券2,800円(ぴあ前売のみ取扱/税込)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10019