末満健一『TRUMP』シリーズ10周年を記念して3作品の上演権が解放に - 2018年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『マリーゴールド』ビジュアル

▲ビジュアルは今夏上演の新作『マリーゴールド』

ギャラリーで見る(全1枚)


末満健一による『TRUMP』シリーズ10周年を記念して作品の上演権が解放。『TRUMP』『SPECTER』『グランギニョル』の戯曲の無料提供が行われている。

上演が可能な公演は、2019年12月31日(月)までに行われるものが対象。なお、その公演情報を、末満健一Twitter、ワタナベ演劇公式Twitterなどにて告知協力を行うという。

上演の申請については、公式サイトを参照。

『TRUMP』は、永遠の命を持つとされる吸血種「トランプ」の不老不死伝説に翻弄されていく、不死を失った吸血種「ヴァンプ」たちの宿命を描いた末満の人気シリーズ。自身の演劇ユニット「ピースピット」での2009年初演から、Dステ版や演劇女子部『LILIUM−リリウム少女純潔歌劇−』、劇団Patch『SPECTER』、昨年上演の『グランギニョル』とさまざまに展開する壮大な世界観で描く、末満のライフワークとなっている。2019年のシリーズ10周年を記念して、今夏には新作『マリーゴールド』が上演予定だ。

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10021