東啓介×ノゾエ征爾で三島由紀夫作「命売ります」が舞台化 - 2018年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『命売ります』上段左から、東啓介、上村海成、市川しんぺー、中段左から、川上友里、町田水城、ノゾエ征爾、下段左から、平田敦子、不破万作、温水洋一

▲ 上段左から、東啓介、上村海成、市川しんぺー、中段左から、川上友里、町田水城、ノゾエ征爾、下段左から、平田敦子、不破万作、温水洋一

画像を拡大

ノゾエ征爾の脚本・演出により三島由紀夫の小説「命売ります」が、舞台化される。

ある日、ふと「死のう」と思い立ち「命売ります」という広告を出した主人公・羽仁男(はにお)と、彼のもとに次々と現れる訳ありげな怪しい男女たちが織り成す物語を描いた本作。スリルとサスペンス満ちたエンターテイメント性とともに、三島作品らしい多面的で複雑な人間模様が織り込まれた人気作の一つだ。

羽仁男で主演を務めるのは、2.5次元ミュージカルなどを中心に活躍し、これがストレートプレイ初挑戦となる東啓介。また、吸血鬼の母親のために、羽仁男の命を買いに来る高校生・井上薫役で、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」でも注目の上村海成が出演する。

そのほか、羽仁男に接触する謎の老人役・温水洋一、最初の女・るり子を愛人にしている謎の外国人役・不破万作をはじめ、市川しんぺー、平田敦子ら実力派が参戦するほか、ノゾエの主宰の劇団「はえぎわ」から、川上友里、町田水城、そして、ノゾエ自らも顔をそろえる。なお、羽仁男が出会う個性的な女たちを演じる4人の出演者は、第2弾キャスト発表として発表される。

PARCOでは、今秋、三島の小説2作品を舞台化。本作に加え、絶筆「豊饒の海」を東出昌大の主演で舞台化する。

インフォメーション

2018 PARCO PRODUCE“三島×MISHIMA”
『命売ります』

【スタッフ】原作=三島由紀夫 (「命売ります」ちくま文庫) 脚本・演出=ノゾエ征爾
【キャスト】東啓介/上村海成/市川しんぺー/平田敦子/川上友里/町田水城/ノゾエ征爾/不破万作/温水洋一 ほか

2018年11月24日(土)〜12月9日(日)
・会場=サンシャイン劇場
・一般前売=9月8日(土)開始
・料金=全席指定S席8,500円/A席7,000円

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10036