二人の男、二つの時代を結ぶ25年の因縁ドラマ ナイロン100℃結成25周年記念『睾丸』上演中 - 2018年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)率いる「ナイロン100℃」の結成25周年公演の第2弾『睾丸』が、6日より東京芸術劇場 シアターウエストにて上演中だ。

物語は、1993年、赤本健三(三宅弘城)宅の居間から始まる。健三の妻・亜子(坂井真紀)は深夜に届いた電報を眺めていた。電報は、遡ること25年前、健三や亜子がまだ学生であったころの仲間の死を知らせるものだった。健三と亜子には、娘の桃子(根本宗子)がおり、さらに亜子の弟・光吉(赤堀雅秋)が健三宅に居候し、光吉のもとには別れた元妻の浩子(新谷真弓)が、頻繁に通ってくる。

そんな健三宅に、ある日、古い友人の立石伸高(みのすけ)が、「自宅が火事に遭い焼け出された」と唐突に転がり込んで来た。健三と立石、そして亜子は、25年前、リーダーの七ツ森豊(安井順平)と共に学生運動をしていたのだ。立石の登場により、忘却の彼方に追いやってきた、25年前のパンドラの箱が開き始める……。

三宅&みのすけの看板俳優を軸とする劇団員に加え、坂井真紀、根本宗子、安井順平、赤堀雅秋というメンバーが顔をそろえた本作。実力派たちが、二人の男の複雑な過去、さらに、それぞれに一筋縄ではいかない登場人物たちの織り成すドラマを繰り広げる。

東京公演は、7月29日(日)まで。前売はすでに全日完売となっているが、当日券は毎公演開演1時間前より販売される。ツアーは、新潟、宮城、福島にて実施。

この記事の写真

  • ナイロン100℃『睾丸』開幕 1
  • ナイロン100℃『睾丸』開幕 2
  • ナイロン100℃『睾丸』開幕 3
  • ナイロン100℃『睾丸』開幕 4
  • ナイロン100℃『睾丸』開幕 5
  • ナイロン100℃『睾丸』開幕 6
  • ナイロン100℃『睾丸』開幕 7

インフォメーション


■新潟公演
2018年7月31日(火)・8月1日(水)
・会場=りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場

■宮城公演
2018年8月4日(土)
・会場=えずこホール(仙南芸術文化センター)
*当日500円増

■福島公演
2018年8月11日(土・祝)・12(日)
・会場=いわき芸術文化交流館アリオス 中劇場

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10047