「まどマギ」の世界にけやき坂46×児玉明子が挑戦 スマホゲーム「マギアレコード」が今夏舞台化 - 2018年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」ビジュアル

画像を拡大

大ヒットアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」から生まれたスマートフォン向けゲーム「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」が、今夏、舞台化。アイドルグループ「けやき坂46(ひらがなけやき)」のメンバーをメインキャストに迎えて上演される。

架空の都市・見滝原市を舞台に、地球外生命体の“キュゥべえ”に願いをかなえてもらう代わりに、“魔法少女”となって“魔女”と戦う少女たちの姿を描いたアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」。優れた魔法少女となれる可能性を持ちながらも傍観者として関わることになった中学生・鹿目まどかを中心に展開されていくその物語は、キュートなビジュアルとは相反し、スリリングでシリアスに、少女たちの心の葛藤を過酷につづり、2011年の初放送から大きな話題を集め、漫画や映画などさまざまに展開するヒット作となった。

その「まどマギ」の世界観をベースとした外伝となるスマホゲーム「マギアレコード」が、畑雅文の脚本と、児玉明子の演出により舞台化。けやき坂46のメンバーから10名ほどが選抜され、メインキャストを担うという。今春、『あゆみ』で舞台にも初チャレンジしたけやき坂の面々が、児玉明子と共に、どのように「まどマギ」空間を立ち上げるのかファンは注目だ。

■児玉明子
以前、お仕事をご一緒した方から、演出してみたい作品を提案できる機会があればぜひ……! と薦められていたのが、「魔法少女まどか☆マギカ」でした。以来、「まどか☆マギカ」の虜になっておりましたところ、いただいたこの『マギアレコード』の演出の機会。舞台で演じることに真摯な態度で望み、その成長が著しいけやき坂46を中心に、作品作りに暑い夏を共に過ごしたいと思います!

インフォメーション

舞台『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』

【スタッフ】原作=Magica Quartet 脚本=畑雅文 演出=児玉明子
【キャスト】けやき坂46メンバー ほか

2018年8月24日(金)〜9月9日(日)
・会場=TBS赤坂ACTシアター

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10050