橋本良亮、チャレンジングな再演に「A.B.C-Zがすごいって思われたい」 『コインロッカー・ベイビーズ』明日開幕 - 2018年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『コインロッカー・ベイビーズ』2018開幕 1 左から、シルビア・グラブ、河合郁人、橋本良亮、山下リオ、ROLLY

▲ 左から、シルビア・グラブ、河合郁人、橋本良亮、山下リオ、ROLLY

ギャラリーで見る(全14枚)


A.B.C-Z橋本良亮&河合郁人主演『コインロッカー・ベイビーズ』が再演。11日(水)のTBS赤坂ACTシアターでの開幕を前に、一部シーンが公開された。

当時起こった「コインロッカー幼児置き去り事件」を題材に、村上龍が1980年に発表した同名小説を舞台化した本作。コインロッカーに置き去りにされた二人の少年キクとハシを軸に、若者の葛藤や叫びを描き出した、激しくも切ない物語をつづったものだ。

2016年の初演から2年ぶりの再演が実現した今回。囲み会見に登壇した、河合は「うれしいですね。前回でものすごい達成感を感じて、自分たちの力になったと感じたので」と感激した。

さらに今回は、橋本と河合が、ハシ&キクの両方の役を演じるというチャレンジングな試み。前回の公演が終わってすぐに再演を申し出たという橋本は「役を交換するって言ってから『やっちまった』って思いました(笑)」と苦笑いだったが、「でも楽しい。本当にやりたかったから」と本番に向けて意欲的だ。

その発想のきっかけを問われ、「俺のキクがかっこよかったからだよね?(笑)」とコメントした河合に、ひどく渋い顔を見せて笑いを誘った橋本だったが、「本当の理由はカッコよかったから(笑)」と告白。河合も「僕も挑戦してみたかった。再演だけど初演のつもりでチャレンジできる」とうなずいた。

しかし、二人は「僕らの相手をする皆さんも大変ですよね」と話す。ハシのパートナーとなるニヴァ役、シルビア・グラブは「全然違う! 逆が来ると、おお! こうか!って思う!」と驚きの表情を見せると、ハシを歌手として育てる猥雑なプロデューサーD役のROLLYは「(肌の)手触りが違う(一同笑)。“味”が違いますね」と独自の観点を明かす。さらに、アネモネ役・山下リオは「すごく違う。女の子の扱い方とか真逆ですね」と答え、「どう違うんだろう!?」と二人をドギマギさせていた。

果敢なチャレンジに取り組んだ二人。橋本はこれに「『A.B.C-Zすごい』って思われたい。グループにこんな芝居ができる人が二人もいるって思われたい。橋本、河合がすごいんじゃなくてA.B.C-Zがすごいって思われたい」と熱いグループ愛を聞かせてくれた。そんな思いを背負う橋本に、河合は「メンバーが観に来ないとぶん殴るよね(笑)。ぜひ、どっちも観てほしいよね」とメッセージを送った。

ROLLYも「これは本当にすごいチャレンジ。ビートルズで言うなら、ポール・マッカトニーだった人がジョン・レノンになって、ジョンレノンだった人がポール・マッカートニーになって[Yesterday]を歌うっていうこと」「彼らが成長して、偉業を達成しようとしてる。人類にとっては小さな一歩かもしれないけど、二人にとってはものすごい大きな一歩」とユニークな切り口で二人を称えた。

稽古を経て、河合は「大変だけど楽しい。前回の役に戻ると、また感情的な動きも変わるし、新しいものを二つお見せすることになる。新しい感情が生まれて、全然違うものが2パターンできている。やりがいがものすごい」と手応えを感じている様子。

舞台の仕上がりに、河合は「『コインロッカー・ベイビーズ』の世界観が、より分かりやすくつくってある。エンディングは残酷だけど、ものすごく明るく終わるのが、『コインロッカー・ベイビーズ』っぽくてかっこいいシーン」と見どころを挙げると、橋本は「再演って、前回を観た人は構えちゃうじゃないですか。でも、それを超えます。というか、まったく別物なのでそこは期待して来てください。自信しかないです」と胸を張った。

ステージ上での露出に話題が及ぶと、河合は「逆に裸に慣れてしまって、(服を着てる)今は違和感(笑)。舞台上で脱ぐのは開放的」と笑うと、橋本は「一度、51kgまで痩せて、心配されたこともあったけど、今はちょうどいい体型」と述べた。その秘訣は、キャストたちが日々稽古場でこなしていた、「シルビアズ・ブートキャンプ」と呼ばれるシルビア主導の筋トレにあったようだ。「3分くらいだけどすごくキツい」(河合)、「気が緩むと、めちゃくちゃ怒られる。ちゃんと顔上げて!って(笑)」(橋本)と笑い合い、そんなトレーニングからもチームワークを築き上げてきた過程が垣間見える。

また、ROLLYからは「次は何役をやるの?」と、早くも次回上演について問われると、橋本から「もう次は決まってる。アネモネをやりたい!」という即答した。斬新なアイデアにびっくりしているメンバーだったが、ROLLYは「私は『ロッキー・ホラー・ショー』で25年のうちに3つの役をやりましたから」と述べると、河合からは「じゃあ、はっしーがアネモネなら、僕はハシとキクの二役?」、シルビアからは「ニヴァじゃないの?」と、次々とユニークなアイデアを繰り出し笑い合う一幕もあった。

東京公演は、29日(日)まで。その後、大阪、富山を巡るツアー公演が行われる。

この記事の写真

  • 『コインロッカー・ベイビーズ』2018開幕 1 左から、シルビア・グラブ、河合郁人、橋本良亮、山下リオ、ROLLY
  • 『コインロッカー・ベイビーズ』2018開幕 2
  • 『コインロッカー・ベイビーズ』2018開幕 3
  • 『コインロッカー・ベイビーズ』2018開幕 4
  • 『コインロッカー・ベイビーズ』2018開幕 5
  • 『コインロッカー・ベイビーズ』2018開幕 6
  • 『コインロッカー・ベイビーズ』2018開幕 7
  • 『コインロッカー・ベイビーズ』2018開幕 8
  • 『コインロッカー・ベイビーズ』2018開幕 9
  • 『コインロッカー・ベイビーズ』2018開幕 10 橋本良亮
  • 『コインロッカー・ベイビーズ』2018開幕 11 河合郁人
  • 『コインロッカー・ベイビーズ』2018開幕 12 山下リオ
  • 『コインロッカー・ベイビーズ』2018開幕 13 シルビア・グラブ
  • 『コインロッカー・ベイビーズ』2018開幕 14 ROLLY

インフォメーション


■大阪公演
2018年8月11日(土)・12日(日)
・会場=豊中市立文化芸術センター・大ホール

■富山公演
2018年8月18日(土)・19日(日)
・会場=オーバード・ホール

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10051