Crystal Kayがミュージカル初挑戦 城田優主演『ピピン』日本版 メインキャストが決定 - 2018年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

2019年6月に城田優主演で上演されるブロードウェイミュージカル『ピピン』にミュージカル初挑戦となるCrystal Kayの出演が決まった。

紀元8世紀のローマ帝国を舞台に、帝国後継者の王子ピピンが、自分の人生には「素晴らしい意味(Something Extraordinary)」があると信じて、自分探しの旅に出る姿を描いた本作。『シカゴ』のボブ・フォッシー(演出・振付)や『ウィキッド』『ゴッドスペル』のスティーヴン・シュワルツ(作詞・作曲)により、72年に初演されたミュージカルだ。今回は、『ファインディング・ネバーランド』『ヘアー』などで注目を集める演出家ダイアン・パウルスが手掛け、アクロバットを取り入れた新演出で、2013年に上演されトニー賞4部門に輝いたリバイバル版が上演される。

Crystal Kayは劇中で進行役となる、リーディングプレイヤー役として出演。「緊張していますが、今は楽しみでしょうがないです! 実際にNYで『ピピン』を観たことがあったのですが、シーン自体が見応えがあり、曲の世界観も本当に素晴らしいという印象でした。アクロバットに挑戦するだけではなく、いつも歌っている曲とは違い、ミュージカルの曲を歌うことは自分にとってチャレンジであり、勉強になると思っています。城田さん演じるピピンと共に楽しくて未知の世界に皆さんを連れていけるよう、一生懸命頑張りたいと思っています! Hope to see you guys at the show!!」と意気込みを語った。

また、主演・城田からは彼女に向けて「本人に直接『リーディングプレイヤーを演じてほしい』と話していたので、引き受けてくれた時はうれしかったです。リーディングプレイヤーは、ピピンをさまざまな方向へと導くとても重要な役。歌もですが、インパクトのあるダンスもこの役の魅力の一つだと思っています。彼女にとって、記念すべき芸能生活20周というすてきな節目の年に、僕と一緒に新たな挑戦、新たな冒険に出てくれることを、心からうれしく思うと同時に、とても心強く思っています。この“未知なる世界”に、大きな夢を抱いて、手を取り合い、共に歩んでいきましょう!」と期待を寄せている。

さらに、Crystal Kayのほか、今井清隆、霧矢大夢、宮澤エマ、岡田亮輔、中尾ミエ&前田美波里(Wキャスト)と実力派共演者がそろう。

この記事の写真

  • Crystal Kay
  • 城田優
  • 今井清隆
  • 霧矢大夢
  • 宮澤エマ
  • 岡田亮輔
  • 中尾ミエ
  • 前田美波里
  • 『ピピン』ビジュアル
  • ブロードウェイ・ミュージカル『ピピン』

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10061