演出家・浅利慶太さんが死去 - 2018年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

演出家の浅利慶太さんが、13日、悪性リンパ腫のため都内の病院で死去した。85歳だった。

東京都出身。1953年、慶應義塾大学在学中に、故・日下武史らとともに劇団四季を創設。劇団代表・演出家として、ほぼ全作品のプロデュースや演出を手掛ける。

ジャン・アヌイやジャン・ジロドゥなどのフランス文学作品に取り組んだほか、1970年代からは『ジーザス・クライスト=スーパースター』『ウェストサイド物語』『コーラスライン』など数多くの海外ヒットミュージカルを上演。ミュージカル『キャッツ』では、日本初のロングラン公演を成功させた。

また、『夢から醒めた夢』『ユタと不思議な仲間たち』「昭和の歴史三部作(『ミュージカル李香蘭』『ミュージカル異国の丘』『ミュージカル南十字星』)」といったオリジナルミュージカル創作にも尽力し、日本のミュージカル文化定着に大きく貢献した。

ミラノ・スカラ座などで海外公演の演出も手掛けたほか、1998年の長野冬季オリンピックの開閉会式をプロデュースするなど、劇団外でも幅広く活動。2014年からは、劇団四季を退き、浅利演出事務所を拠点とし活動を続けてきた。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10063