藤原竜也「出会うべくして出会った作品」、椎名桔平「お客様も道行を味わって」 『レインマン』開幕コメントが到着 - 2018年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『レインマン』開幕 1

▲ 椎名桔平(左)と藤原竜也

ギャラリーで見る(全10枚)


藤原竜也&椎名桔平主演×松井周演出で名作映画を舞台化した舞台『レインマン』のが、本日20日に新国立劇場 中劇場にて開幕した。

事業に失敗してしまい破産寸前となった弟チャーリーと、亡くなった父親の財産を受け取ることになったサヴァン症候群の兄レイモンドの姿を描いた映画「レインマン」。ダスティン・ホフマン&トム・クルーズの共演で、1988年にアメリカで公開され、アカデミー賞では作品賞を含む主要4部門を獲得するなど、多くの人びとの心を打つ名作となった。

舞台版は2006年に、鈴木勝秀脚本・演出、椎名桔平&橋爪功出演で日本で初舞台化されているが、今回上演されたのは、08年にダン・ゴードン脚本で上演されたウエスト・エンド版の翻訳上演となる。弟チャーリー役を藤原、そして、兄レイモンド役を、06年の日本版でチャーリーを演じた椎名が演じている。

初日を前にした藤原、椎名のコメントは以下の通り。

■藤原竜也 弟・チャーリー役
今、出会うべくして出会った作品・カンパニーだと感じています。大人な稽古場でした。松井周さんは、演技の細部にまでアドバイスを与えてくださる方で、僕にとっての新たな引き出しを授けてくださいました。感謝しています。頼りがいあるお兄ちゃんのような存在で現場を引っ張ってくれる椎名桔平さんと共に、“レイモンド&チャーリー兄弟”の関係を構築してきたつもりです。本番も、この勢いで頑張ります!

■椎名桔平 兄・レイモンド役)
藤原竜也くんと共に兄弟を演じる、僕にとって3度目の『レインマン』。多種多様な『レインマン』があっていいと考え、今回その新しい形に出会えたように感じています。今の自分が演じる“レイモンド”という人物像を、日々の稽古でつくってきました。実際にサヴァンの方にお会いすることが出来たことも大きな糧になりました。家族の喪失と兄弟の再会の物語において、さまざまな問い掛けに直面する登場人物と一緒に、お客様も自問自答しながら“道行(みちゆき)”を味わっていただければ。

東京公演は、8月4日まで。その後、静岡、福岡、大阪、宮城、愛知でのツアー公演が行われる。

この記事の写真

  • 『レインマン』開幕 1
  • 『レインマン』開幕 2
  • 『レインマン』開幕 3
  • 『レインマン』開幕 4
  • 『レインマン』開幕 5
  • 『レインマン』開幕 6
  • 『レインマン』開幕 7
  • 『レインマン』開幕 8
  • 『レインマン』開幕 9
  • 『レインマン』開幕 10

インフォメーション


■静岡公演
2018年8月7日(火)・8日(水)
・会場=三島市民文化会館

■福岡公演
2018年8月11日(土)・12日(日)
・会場=久留米シティプラザ ザ・グランドホール

■大阪公演
2018年8月14日(火)〜15日(水)
・会場=メルパルクホール

■宮城公演
2018年8月18日(土)・19日(日)
・会場=名取市文化会館

■愛知公演
2018年8月22日(水)・23日(木)
・会場=御園座

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10069