吉柳咲良「今の私にしかできないピーターパンを」 ミュージカル『ピーターパン』開幕コメント到着 - 2018年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ピーターパン』2018開幕 1

▲ ISSA(左)と吉柳咲良

ギャラリーで見る(全8枚)


『ピーターパン』2018開幕 2

▲ 吉柳咲良

画像を拡大

このほかの写真も見る

吉柳咲良主演のミュージカル『ピーターパン』が、21日に東京国際フォーラム ホールCにて開幕した。

1981年の日本初演以来、毎年上演が重ねられ、世代を超えて多くの人びとに親しまれてきた本作。主人公ピーターパン役は、初代・榊原郁恵から始まり、近年では、笹本玲奈、宮地真緒、高畑充希、唯月ふうかといった面々が演じてきた。

昨年10代目としてデビューした吉柳と、演出・藤田俊太郎の続投で送る今回。フック船長役には、DA PUMPとしても大きな話題を集めるISSAが扮し、キレのある華麗なダンスを披露する。また、ウェンディ役は元AKB48の河西智美が務めるほか、莉奈、入絵加奈子、久保田磨希らが顔をそろえた。

初日を前にしたキャストたちのコメントは以下の通り。

■吉柳咲良 ピーターパン役
今年は、私にとって2年目のピーターパンになります。昨年の初舞台では、自分のことで精いっぱいになっていたのですが、1年経って、成長した今の私にしかできない永遠の少年・ピーターパンを見せたいです。歌・ダンス・芝居、そして、フライングで、パワーアップした姿をご覧いただけると思います。新たなキャストの方を迎えて、また違った魅力のある今年のピーターパン、ぜひ観にいらしてください。ネバーランドで、お待ちしています!

■ISSA フック船長/ダーリング氏役
2018年のピーターパンは平成最後の公演となります! 38年も続いているこの作品にフック船長とダーリング氏として出演できることが本当にうれしく誇りに思います! アクションあり笑顔あり涙ありで、ピーターパンはじめネバーランドの住人は今年も生き生きと輝きますので、ぜひその雄姿を劇場でご覧ください!

■河西智美 ウェンディ役
ウェンディ役をやらせていただきます、河西智美です。いよいよ初日を迎えると思うと期待と不安でドキドキですが、夢だったウェンディ役をどう演じていくか、たくさん悩んで考えて演出の藤田さんをはじめ、キャストの大先輩の皆さんからもたくさんアドバイスをいただきここまで来ました。今年はまた、昨年とも違う新しい演出もあり、ギリギリまでみんなで話し合いながら稽古を続けてきました。たくさんの付箋を見つけてもらえたらうれしいなぁ。でも、まずは難しく考えずに、ただただ『ピーターパン』の世界を観に来てくださった皆さんがわくわくドキドキ、そしてキュンとして帰っていただけたらうれしいです! 一緒にネバーランドを旅しましょう!! 会場でお待ちしています!

東京公演は8月1日(水)まで。その後、大阪、石川、愛知を巡るツアー公演が行われる。

この記事の写真

  • 『ピーターパン』2018開幕 1
  • 『ピーターパン』2018開幕 2
  • 『ピーターパン』2018開幕 3
  • 『ピーターパン』2018開幕 4
  • 『ピーターパン』2018開幕 5
  • 『ピーターパン』2018開幕 6
  • 『ピーターパン』2018開幕 7
  • 『ピーターパン』2018開幕 8

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10071