森山開次、再演は「エネルギーが増した」 『不思議の国のアリス』全国ツアーがスタート - 2018年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

森山開次が手掛ける『不思議の国のアリス』が再演。KAAT 神奈川芸術劇場から全国17会場でのツアーがスタートした。

KAATキッズ・プログラムの一つとして、昨年夏に初演され好評を博した本作。テキストには三浦直之(ロロ)、衣裳にはひびのこづえ、音楽には松本淳一というクリエーターたちが参加したほか、辻本知彦、島地保武、下司尚実、引間文佳の実力派パフォーマー、そして、オーディションで抜てきされたアリス役のまりあというメンバーで、摩訶不思議な『アリス』の世界を新たに立ち上げている。

再演となる今回は、9月の熊本公演まで全国17会場を巡る。

森山らのコメントは以下の通り。

■森山開次
初日を終えて、昨年の初演千秋楽からのスタートが、そして続きがまた始まったなと、とてもうれしいです。1年でこの作品をさらに良くしようとしてくれたスタッフやキャストがいて、彼らとここから40ステージいろいろな会場でお客様に出会うのが楽しみです。
再演では、一つ一つのシーンが色濃く、ダイナミズムをもってきたなという印象で、エネルギーが増したと思います。キャストたちがよりこの世界の住民たちとして、キャラクターを深めてくれているかなと感じました。アリスと一緒に冒険するつもりで、ぜひ観にきてくれたらうれしいです。

■辻本知彦
初演と変わったところは、強いて言えば僕の髪形くらいなのですが(笑)、今年ご覧になったお客様に聞くと、「にぎやかになったね」「去年より踊っているね」という感想が多くて、自分では意識していなくても変わっているのかなと思いました。
帽子屋について、森山さんが取材で「クレイジー」と話していたので、そのクレイジーさは意識して演じています。ツアー先で各地の子供たちに会うのと、その土地のご飯を食べるのを楽しみにしています!

■島地保武
客席の反応をみると、昨年も観てくださったお客様もたくさんいらっしゃるようでうれしいです。この作品がツアー先の劇場のそれぞれの環境に合わせて、どうできるかを探していくのが楽しみですし、行く土地での出会や発見を大切にしたい。
不思議の国の住人としてさまざまな役を演じることは、これまで自分がやってきたダンスとは違いとても稀なので存分に楽しみながら演じきりたい。

■下司尚実
キッズ・プログラムはお客様がいるといないとでエネルギーの消費量が違うので、初日は燃えましたね。私は役柄的に一人一人人のお顔を見渡すことができるので、より密接にキャッチボールしながらお客様と一緒にこの作品を豊かにしていきたいなと思います。(今回のツアーでは普段会えない方たちに会いに行くことができるので)いろいろな土地の子供たちの夏休みの思い出の絵日記に登場できるよう、笑顔を咲かせたい所存です。

■引間文佳
今日は柔らかく開けていく感覚がありました。踊っていて楽しかったです。初演のころは開次さんをはじめ、強烈な個性を持つ皆さんの中で、どうやって自分を出せばいいのか、迷いがありました。ですが、公演を重ねたこと、またこの1年の自分の経験を通して、良いと思ったことを信じてやれるようになってきました。そういう部分を表現できていればいいなと思います。この作品の良いところは子供の声が聞こえてくることです。各地でお客さんと一緒にこの作品を楽しんでいきたいです。

■まりあ
今日は「初日やりきった!」と思うことができました。この気持ちを忘れずにさらにパワーアップしていきたいと思っています。初演から1年経って、自分の中で昨年とはまた違ったアリスを見つけられるのも楽しいですね。これからのツアーではご当地グルメも楽しみですが(笑)、全国各地の方にアリスを観てもらえることがまずうれしいし、劇場に足を運んでこの作品を観て、ダンスやお芝居ってすごいな、と思ってくれたら何よりもうれしいです。

この記事の写真

  • 『不思議の国のアリス』2018 開幕 1
  • 『不思議の国のアリス』2018 開幕 2
  • 『不思議の国のアリス』2018 開幕 3
  • 『不思議の国のアリス』2018 開幕 4

インフォメーション

KAAT キッズ・プログラム 2018
『不思議の国のアリス』

【スタッフ】演出・振付・美術=森山開次 テキスト=三浦直之 衣裳=ひびのこづえ 音楽=松本淳一
【キャスト】森山開次/辻本知彦/島地保武/下司尚実/引間文佳/まりあ

2018年7月20日(金)〜22日(日)
・会場=KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ

2018年7月24日(火)・25日(水)
・会場=大和市文化創造拠点シリウス1階 芸術文化ホール メインホール舞台上

2018年7月27日(金)
・会場=鎌倉芸術館 小ホール

2018年7月29日(日)・30日(月)
・会場=杜のホールはしもと ホール

2018年8月1日(水)・2日(木)
・会場=まつもと市民芸術館 特設会場

2018年8月4日(土)・5日(日)
・会場=滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 中ホール舞台上

2018年8月8日(水)・9日(木)
・会場=山口情報芸術センター〔YCAM〕 スタジオA

2018年8月11日(土)・12日(日)
・会場=北九州芸術劇場 中劇場舞台上

2018年8月15日(水)・16日(木)
・会場=久留米シティプラザ 久留米座

2018年8月18日(土)・19日(日)
・会場=福岡市科学館 サイエンスホール

2018年8月21日(火)・22日(水)
・会場=島根県立芸術文化センター「グラントワ」 大ホール舞台上

2018年8月25日(土)
・会場=長野市芸術館 アクトスペース

2018年8月28日(火)・29日(水)
・会場=江戸川区総合文化センター 大ホール舞台上

2018年9月1日(土)・2日(日)
・会場=京都芸術劇場 春秋座 特設客席

2018年9月8日(土)・9日(日)
・会場=水戸芸術館 ACM 劇場

2018年9月15日(土)〜17日(月・祝)
・会場=穂の国とよはし芸術劇場 PLAT アートスペース

2018年9月21日(金)・22日(土)
・会場=熊本県立劇場 演劇ホール舞台上

*公演のお問い合わせは各劇場・主催へ

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10080