橋爪功が認知症の父親演じる“哀しい喜劇”『Le Père 父』が日本初演 - 2018年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『Le Pere 父』ビジュアル

画像を拡大

フランス発の戯曲『Le Père 父』が、橋爪功主演により日本初演。2019年2月より東京、兵庫ほかにて上演される。

本作は、認知症を発症し、自分自身の信じる記憶と現実との乖離に困惑する父と、彼の変化に戸惑う娘の姿を通して、無防備な愛の残酷さと忍耐の限界をユーモラスに描いたもの。現代版『リア王』とも呼ばれ、記憶や時間が混迷していく父の視点で、観客が物語を体験していく“哀しい喜劇”だ。

2012年にパリで初演され、14年にはモリエール賞最優秀脚本賞などを受賞。ウエストエンドやブロードウェイのほか世界30カ国以上で上演され、トニー賞、ローレンス・オリビエ賞でも主演男優賞受賞と、高い評価を受けてきた本作が、フランスオリジナル演出を手掛けたラディスラス・ショラーの日本初演出で上演される。

認知症の父親アンドレに挑む橋爪のほか、キャストには、娘アンヌに若村麻由美をはじめ、壮一帆、太田緑ロランス、今井朋彦、吉見一豊と実力派たちが顔をそろえる。

インフォメーション

『Le Père 父』

【スタッフ】作=フロリアン・ゼレール 翻訳=齋藤敦子 演出=ラディスラス・ショラー 美術=エマニュエル・ロイ
【キャスト】橋爪功/若村麻由美/壮一帆/太田緑ロランス/吉見一豊/今井朋彦

■東京公演
2019年2月2日(土)〜24日(日)
・会場=東京芸術劇場 シアターイースト
・一般前売=9月9日(日)開始
・料金=全席指定7,000円/65歳以上6,000円、25歳以下3,000円、高校生以下1,000円

■兵庫公演
2019年3月16日(土)・17日(日)
・会場=兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
・一般前売=9月9日(日)開始
・料金=全席指定7,000円

■長野公演
2019年3月2日(土)・3日(日)
・会場=サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター) 小ホール

■高知公演
2019年3月6日(水)
・会場=高知市文化プラザかるぽーと 大ホール

■松本公演
2019年3月21日(木・祝)14:00開演
・会場=まつもと市民芸術館 小ホール

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10106