新体制11名で浅沼晋太郎ともに挑む新作『ローファーズハイ!!vol.4』開幕 - 2018年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

レプロエンタテインメントの若手女性タレント育成を目的とした演劇集団「浅草少女歌劇団・ローファーズハイ!!」の第4弾公演が、本日10日に浅草九劇にて開幕した。

フレッシュな若手女優たちが、“ローファーを履いた女子高校生”という設定の中だけで、稽古場で即興でつくり上げ、歌い、踊り、演じる本作。昨年4月の始動から、夏、冬の公演を経て、4回目を迎える今回は、昨年に引き続きとなる鎌田彩樺(かまた・あやか)、川島梨楠(かわしま・りな)、駒木根心捺(こまぎね・ここな)、安井南(やすい・みなみ)の4名に、「nicola」の人気モデルとしても活躍中の白井杏奈(しらい・あんな)のほか、中学1年生の双子である石川るのん、石川るようなどバラエティー豊かな7名が加わった11名の新体制でチャレンジ。さらに、脚本・演出には、新たに浅沼晋太郎を迎え、大きく公演の様相が異なった舞台に取り組んでいる。

時は10年後の未来である2028年。日本では恋愛の価値観念が失墜し、少子化問題が深刻化する時代へと突入していた。政府は、そんな“ラブデフレ現象”と呼ばれる社会現象に終止符を打つべく「恋愛推進計画」を提唱。若者をこの計画に牽引するスペシャリスト「ローファーズハイ!!」を結成する。ローファーズ学園にて、厳しい教官のもと、日々鍛錬に取り組む少女たちは、性格も能力もバラバラだったが、同じ目標を追ううちに、徐々に心を通わせるように。しかしそんな最中、卒業試験について、学校長から衝撃の一言が発せられる。この試練をくぐり抜け、無事に卒業することができるのは一体誰なのか……? おなじみのタップパフォーマンスも織り込みながら躍動する、フレッシュな彼女たちの躍動と成長に注目だ。

公演は19日(日)まで。公演終了後には、ゲストを迎えてのアフタートークや、アフターイベントなども行われる。詳細は公式サイトを参照。

この記事の写真

  • 『ローファーズハイ!! vol.4』開幕 1
  • 『ローファーズハイ!! vol.4』開幕 2
  • 『ローファーズハイ!! vol.4』開幕 3
  • 『ローファーズハイ!! vol.4』開幕 4
  • 『ローファーズハイ!! vol.4』開幕 5
  • 『ローファーズハイ!! vol.4』開幕 6
  • 『ローファーズハイ!! vol.4』開幕 7
  • 『ローファーズハイ!! vol.4』開幕 8
  • 『ローファーズハイ!! vol.4』開幕 9
  • 『ローファーズハイ!! vol.4』開幕 10
  • 『ローファーズハイ!! vol.4』開幕 11
  • 『ローファーズハイ!! vol.4』開幕 12
  • 『ローファーズハイ!! vol.4』開幕 13
  • 『ローファーズハイ!! vol.4』開幕 14
  • 『ローファーズハイ!! vol.4』開幕 15

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10110