濱田崇裕扮する市場三郎が再び登場 福田転球×河原雅彦『歌喜劇/市場三郎〜グアムの恋』上演 - 2018年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
濱田崇裕

▲ 濱田崇裕

画像を拡大

ジャニーズWEST・濱田崇裕、初の単独座長で上演された『市場三郎』がカムバック。『歌喜劇/市場三郎〜グアムの恋』が、11・12月に東京と大阪にて上演される。

天然で、頑張っても空回り、だけど困った人を見過ごせず情に厚く真面目な男・市場三郎。そんな彼が、訪れた温泉街で、出会った女性との顛末を描いた第1弾『温泉宿の恋』は、脚本・福田転球&演出・河原雅彦との顔合わせにより2016年に上演された。

また、濱田は、福島のユニットでつくり上げられた独自ジャンル“歌喜劇(かきげき)”にも挑戦。歌喜劇とは、舞台セットや小道具を究極に排した舞台上で、日本人に親しみのある言葉やメロディーや、子供でも理解できるまっすぐな歌詞を、即興で自由に感じたままをアカペラで出演者が歌い、物語の情景を浮かび上がらせるというものだ。前作では、仕事のつらさや、温泉の楽しみ、ホテルのバイキングなど、さまざまな日常のシーンを、セリフの掛け合いから展開するアカペラのハーモニーに乗せて表現し、好評を博した。

この河原×福田×濱田の再タッグで第2弾の上演が決定。物語の舞台は、前作でも予告されていた、社員旅行の地グアムだ。初めての海外旅行に浮足立つ三郎たちは、海でナンパに挑戦し、ショッピングに勤しみ、観光地を訪れるなど、旅行を満喫。そこで、三郎は新たな“グアムの恋”に巡り合い……。今度こそ三郎の恋は成就するのか? 共演は、前回に引き続き出演の玉置孝匡、高木稟、前田悟、山岸門人、シューレスジョー、松之木天辺に加え、大和田美帆、玉置成実、小松利昌と新キャストを迎え、笑って泣ける人間味あふれる物語を送る。

■濱田崇裕
舞台『市場三郎』の第2弾「グアムの恋」をさせていただくことになり、素直にうれしい気持ちでいっぱいです。この作品は初主演舞台ということもあり、僕自身すごく思い入れの深い作品です。続編ということで緊張もありますが、観に来てくださる皆さんに楽しんでいただけるように、精いっぱい頑張りたいと思います。歌喜劇を初めてご覧になる方々に、日本を飛び越えた市場三郎の美声を轟かせてやりたいと思いやす!! 最高にくだらなくて面白い作品です! すごくクセになる舞台なので、ぜひ一度劇場にいらしてください。

■福田転球(脚本)
いや〜また市場三郎に会えると思うとほんとにうれしいです。それにつきます。前作の『温泉宿の恋』の打ち合わせの段階で、演出の河原さんが続編やりたいですねって言ってて、ほんとに実現することになるなんて夢のようです。ガラガラでグアムの旅行券が当たったそんな気分です! つたないホンを面白くしてくれた河原さんキャスト・スタッフの皆様、ファンの皆様に感謝しかありません。ほんとにハマちゃんの市場三郎に会えるのは皆様のおかげです!

■河原雅彦(演出)
市場育ちのいなせなアイツが温泉街から帰ってくる。前作ラストの予告通り、そう! グアムに。これもカモンベイビーアメリカ効果でしょうか?? いやいや純粋に、ハマちゃん演じる三郎が、皆様に深く愛された証(あかし)でしょう。魅力的な新メンバーを迎える今回も、唐突なアカペラ歌唱にさらなる磨きをかけ、ホットでおバカでチャモロな恋物語を愉快にお送りさせていただきやす。

インフォメーション

『歌喜劇/市場三郎〜グアムの恋』

【スタッフ】脚本=福田転球 演出=河原雅彦
【キャスト】濱田崇裕(ジャニーズWEST)/大和田美帆/玉置孝匡/高木稟/前田悟/山岸門人/玉置成実/小松利昌/シューレスジョー/松之木天辺

■東京公演
2018年11月7日(水)〜12月2日(日)
・会場=東京グローブ座
・一般前売=9月29日(土)開始
・料金=全席指定S席8,800円/A席7,800円/B席5,800円

■大阪公演
2018年12月7日(金)〜10日(月)
・会場=梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
・一般前売=9月29日(土)開始
・料金=全席指定S席8,800円

*記事中、濱田崇裕の濱は正しくは旧字体

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10125