水谷千重子が芸能生活50周年で明治座初座長に挑戦 - 2018年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

『水谷千重子50周年記念公演』会見 9 後列左から、あご勇、水谷千重子、三田芳裕(明治座代表取締役社長)、前列はこまどり姉妹

▲ 後列左から、あご勇、水谷千重子、三田芳裕(明治座代表取締役社長)、前列はこまどり姉妹

画像を拡大

このほかの写真も見る

演歌歌手・水谷千重子が芸能生活50周年で明治座初座長に挑戦。2019年2・3月の公演に向けて、同劇場にて製作発表会を行った。

水谷は「皆様、おはようございました! [万博ササニシキ]のデビュー曲から[一事が万事酒]でスマッシュヒットを飛ばし、ヒット曲がたくさんある中で、50年でこうして明治座の舞台に立てるのは本当にうれしいことです」と元気に挨拶。

演歌ひとすじで歩み続け、芸能生活の50年という節目の年を迎える水谷は「周年を迎える時は、何か大きなことを、皆さんに記憶に残ることをしたいなと考えてました。私設ブラジル観光大使として、カポエラと演歌の融合した“カポ演歌”なんてのもやってましたし、海外に目を向けるのもよかったけど、やっぱり、2020年のオリンピックもありますし、日本の良いところをもう一度見直さないといけない」と意気込んだ。

公演が決まった時のことを問われると「明治座が最終目標というか、劇場にのぼりが立つなんて、夢のようなこと。とにかく、明治座さんの勇気?(会場笑)に感謝です」と喜ぶと、明治座・三田芳裕社長も「おかげさまで、私もますます勇気が出ました。立派なのぼりをつくってお待ちしております」とエールを送った。

公演は、明治座おなじみのスタイルである、芝居と歌謡ショーの2本立て。この日、初めて一部の芝居のタイトル「とんち尼将軍 一休ねえさん」が発表された。

水谷は「皆さんが想像して、楽しい舞台になるんだなと分かるようにしたかった」とコメント。まだ内容はこれからという段階だそうだが「主人公は、一休宗純の子孫というオリジナル作品で、昼は尼さん、夜は花魁という、昼の顔と夜の顔というカラクリがあるんです。五社英雄監督がすごく好きですから、『吉原炎上』『鬼龍院花子の生涯』のような、女性の情念もありながら、それでいて、痛快で笑えて人情もある。楽しいお芝居になると思います」と作品への思い入れが垣間見える。

相手役には原田龍二、五社英雄作品への出演経験もある、“元・付き人”あご勇の出演も決まっており、彼らとの共演へにも期待を寄せていた。

そして、2部は水谷ゆかりのさまざまな日替わりゲストを迎えての豪華歌謡ショー。水谷は「皆さん知らないと思うけど、オリジナル曲をたくさん出してるんですよ(会場笑)。でも、最近アルバムを出したのでそれを前面に出すかも。『吉原炎上』をイメージしたドラマチックな[五月雨道中]という歌が、千重子の推し曲なの」とアピールした。

会見には、ショーへのゲスト出演が決まっているこまどり姉妹も会見に登壇。「明治座といえば憧れの、思い出深い劇場ですから。共演できるのは本当にうれしいです」と感慨深い表情を見せる。

そして、ダイエットを成功させたという水谷に「特別きれいに見えますよ。10歳は若くみえるわね。顔ツヤもいいし大成功ですね」と賛辞を送ると、これに水谷は「昔はDHCダイエットで友近ちゃんがダイエットしたので、おのずと痩せたことあったけど(会場笑)。50周年の舞台には見栄え良くして、いつまでも輝いてるな、キーポンシャイニングだなと、こう思っていただきたい」と胸を張った。

ところが、こまどり姉妹は「朝から何も食べていないのでお腹が空いた」と、会見中にもかかわらず、会場にラーメンの出前が到着。熱々のラーメンを味わうかと思いきや、氷と水をたっぷり入れるという、独特なスタイルで報道陣を驚かせた。

水谷は「貧しくて、食べものは争奪戦になるという時代、熱いものを冷ましている間に人に食べものを取らちゃうからこの方法で食べるようになったそうで。私もこれには衝撃を受けました」と驚きながらも解説。こまどり姉妹との共演には「絶対にお会いしたいと思っていて、大御所なのに、アプローチしたら面白がってくれて。80歳を超えてるように見えない。かわいいの少女のよう」と感激していた。

そのほか、日替わりゲストの発表は今後になるが「皆さんが面白がってくれてる」とのこと。なお、「日替わりゲストに友近が出ることは?」という質問が飛ぶと、「ない!」と即答し会場を笑わせた。さらに、「本人(友近)は来たいとて言ってるのか?」と踏み込まれると、「バカいってる!」とおなじみのツッコミで切り返してみせた。

観客に向けては「素晴らしい明治座の舞台に立つことができます。プレッシャーはあるけど、それ以上に、とにかく自分が楽しんでやれば、皆さんにその思いが伝わるということをモットーにやってます。この明治座に来なければ、この空気は味わえない。特に千重子の舞台は、喋るだけはなかなか伝わりづらいんです。なので肌で感じていただきたい」と熱くメッセージ。

さらに、水谷のコンサートでも行われる縁起もの“豆腐開き”で成功を祈願。「よいしょー! よいしょー! よいしょー!」という掛け声とともに会見を締めくくった。

この記事の写真

  • 『水谷千重子50周年記念公演』会見 1 水谷千重子
  • 『水谷千重子50周年記念公演』会見 2 水谷千重子
  • 『水谷千重子50周年記念公演』会見 3 こまどり姉妹
  • 『水谷千重子50周年記念公演』会見 4 水谷千重子
  • 『水谷千重子50周年記念公演』会見 5 水谷千重子(左)とあご勇
  • 『水谷千重子50周年記念公演』会見 6
  • 『水谷千重子50周年記念公演』会見 7
  • 『水谷千重子50周年記念公演』会見 8
  • 『水谷千重子50周年記念公演』会見 9 後列左から、あご勇、水谷千重子、三田芳裕(明治座代表取締役社長)、前列はこまどり姉妹

インフォメーション

『水谷千重子50周年記念公演』

【キャスト】水谷千重子 ほか

2019年2月22日(金)〜3月4日(月)
・会場=明治座
・料金=全席指定S席(1階席・2階席正面)12,000円/A席(2階席左右・車いすスペース)8,000円/B席(3階席)6,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10135